谷本拓也らが三代目JSB偽グッズ所持で荒稼ぎ逮捕!製造していた場所やフェイスブック画像は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

福岡市の販売業谷本拓也容疑者ら3人が、人気グループ、三代目JSB(三代目J Soul Brothers)の偽グッズを販売目的で所持していたとして逮捕されました。

谷本拓也容疑者の画像や、どこで製造販売していたのか確認します。

 

スポンサーリンク




三代目JSBの偽グッズ販売目的

 

西城秀樹さんの葬儀配布品を、ヤフオクで転売するなど、モラルの面で問題となっている転売。

転売自体は法規制は無いため、違法ではないといわれますが、さすがにやりすぎというケースもあります。

 

 

これらの行為で、販売業自体が、いやな印象を持たれてしまいかねません。

 

 

福岡市では転売ではなく、偽物を販売していたとして、谷本拓也容疑者ら3人が商標法違反で逮捕されました。
報じられている内容によると、

 

  • 人気グループ・三代目JSB(三代目J Soul Brothers)のロゴを無断使用
  • ロゴを使用したタオルを販売目的で所持しており逮捕
  • 逮捕されたのは谷本拓也容疑者ら男女3人
  • 2007年から2017年までに約1億3000万円の荒稼ぎ
  • 三代目JSBの所属事務所もコメントを出している

 

とのことです。

 

これでまた、販売業の信用が失われていきますね。

 

10年間で1億7000万円ということで、かなりの数のタオルを売りさばいたことになりそうです。

 

所属事務所のLDHは

 

「警察から捜査協力の依頼があり、販売者への注意勧告や販売サイトへの通報などで対策を取っております。また公式サイトでは販売者だけでなく購入者に対しても注意喚起を行っています」

 

としている通り、われわれも偽グッズには手を出さないように公式ショップから購入することが大事ですね。

 

 

 

 

販売方法と売り上げ

 

今回逮捕されたのは

 

  • 谷本拓也容疑者(46)
  • 木村友春容疑者(45)
  • 池田美喜子容疑者(67)

 

の3人です。

 

なぜか木村容疑者だけは容疑を否認しているようです。

この3人の関係は崩れていくでしょうね。

 

気になるのはその販売方法ですが、考えられる方法としては店舗販売、ネット販売やオークションが考えられます。

 

しかし、店舗販売で偽タオルを売り続けていくのは現実的に困難な気がします。

 

発覚自体は、イベント会場などでの屋台での販売とされていますが、

おそらくヤフオクやメルカリ、アマゾンなどを利用していた可能性は高そうです。

 

そして県警が家宅捜索したところ、三代目JSB以外にも、約70の人気歌手やグループの写真やマークが入ったグッズがあったようです。

 

その他の歌手には氷川きよしさんも含まれており、コンサートなどイベント会場に多く出向いた可能性もたかそうです。

 

その数なんと約8千点!で、前述の通り、

 

売り上げは1億7000万円とされています。

 

偽グッズだけで生計を立てられそうな売り上げです。

 

 

スポンサーリンク




フェイスブック画像や仕事は?

 

容疑者の人となりを確認するにはフェイスブックは良いツールです。

 

しかし、谷本拓也容疑者のアカウントは確認することができません

木村容疑者については、福岡市在住の同名アカウントがありますが、同一人物かを判断する材料には乏しいようです。

 

 

谷本拓也容疑者の仕事は、グッズ製造販売業とされていますので、今回のような偽グッズの製造・作製には十分な技術を持っていたものと思われます。

また、押収された偽グッズは自宅兼事業所から見つかっていますので、他の2人も従業員であった可能性が高そうです。

 

事業所は福岡市西区愛宕南1とされています。

 

 

物づくりの技術を犯罪に利用したのは残念ですね。

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!