若狭大輝逮捕でフェイスブック画像は?勤務する中学校で”わいせつ画像送らせる方法を指南する”技術を得た?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

栃木県の中学校講師若狭大輝容疑者が児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕されました。

若狭大輝容疑者は男児ポルノサイトで『男児にわいせつ画像を送らせる方法を指南する有名人』だったとか。

フェイスブック画像を確認して、勤務している中学校や人物像を確認します。

 

スポンサーリンク




若狭大輝、わいせつ画像を送らせて逮捕!

 

またも、教師の逮捕がニュースとなりました。

 

 

最近、毎日のように教師の不祥事を耳にしますが、採用時に教師のチェックを厳しくしたほうがいいのかもしれないですね。

 

 

千葉県警少年課によると、

 

  • 5月31日、栃木県小山市の中学校講師・若狭大輝容疑者を逮捕
  • 容疑は児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑い
  • 男児ポルノサイトでは有名人だった
  • 平成29年7月、18歳未満と知りながら当時中学生の男児にわいせつな画像を撮影させて送らせた
  • 少年とはツイッターで知り合った
  • 少年十数人に同様の余罪がある疑い
  • 画像を愛好家サイトに投稿していた

 

とのことです。

 

 

そのような世界と無縁な方にしてみれば、気持ち悪いとしか言いようがありませんね。

 

 

若狭大輝容疑者は男児ポルノサイトでは、男児にわいせつ画像を送らせる方法を指南する有名人として知られていたようです。

 

つまり、男児を誘惑する話が巧妙であったり、取引方法や相手の心をつかむ技術があった、ということでしょう。

 

 

見返りに金品を送っていたかはわかりませんが、なんと自身のわいせつ画像を男児に送ってはいたようです。

 

 

いりません!

 

 

被害の男児もその世界に興味があった可能性もありますが、少なくとも未成年に手を出したことはどう考えても犯罪です。

 

母親が息子のスマホを見たことで発覚したといいます。

 

母親にスマホを見られた子供の気持ちも嫌なものでしょうが、今回ばかりは、お母さんナイス!といいたいところです。

 

 

 

フェイスブック画像は?

 

若狭大輝容疑者の人物像を確認するにはフェイスブックが良いツールです。

検索してみると、同姓同名で、住所も一致し、プロフィール欄に中学校を意味する「Jr.high」の言葉が確認できますので、このアカウントである可能性は極めて高いでしょう。

 

しかし、すでにアカウントが削除されています。ツイッターも同様にアカウント凍結されています。

 

 

仮に若狭大輝容疑者のアカウントだと仮定すると、

 

  • 埼玉県北本市出身
  • 東京理科大を卒業

 

ということになります。

 

現在の住所は小山市駅南町とされています。

 

 

野球が好きなようで球場へ足を運んでいる画像が多く見られます。

 

川越東高校出身ならで、自身も野球部であった可能性もあり、体育会系の肌のふれあいで男性に興味を抱いた可能性も否定できません

 

東京理科大を卒業する立派な頭を持っていながら、犯罪を抑止できなかったのは残念としか言いようがありません。

スポンサーリンク




勤務していた中学校は?

 

若狭大輝容疑者が勤務していた中学校は、報道では小山市の大平中学校とされています。

 

 

 

大平中学校では目指す教職員像というものを掲げており、

 

(1)教職に対する強い情熱をもった教職員

(2)教育の専門家としての確かな力量をもった教職員

(3)総合的な人間力をもった教職員

 

としています。

見直しが必要でしょうね^^;

 

学校概要

 

警察の調べに対し

 

「男児に興味があった」

 

と、供述しているため、もしかしたら、自らの偏った嗜好を満たすために中学校講師を目指した可能性もありますね。

 

その意味では若狭大輝容疑者にとって中学校での生徒とのふれあいは仕事の範疇を超えた気持ちを抱いていた可能性も高そうです。

 

わいせつ画像を送らせる方法を指南するにも、普段の中学校での業務内に中学生とコミュニケーションを取りながら、誘惑するスキルを身につけていたのかもしれません。

 

まるで、男児ポルノのために人生を送っているかのように思えてなりません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!