佐藤恭輔さんが線路につまづき電車にひかれる事故発生!スカイツリーライン現場の画像と逃げられなかった原因は気絶?(2018.6.3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京都でショッキングな人身事故が発生しました。

東武伊勢崎線線路につまづいた、大学生・佐藤恭輔さんが、立ち上がらずにそのまま電車にひかれ死亡しました。

つまづいた線路現場の画像と逃げられなかった原因について確認します。

 

スポンサーリンク




佐藤恭輔さん、線路につまづき電車にひかれる事故!

 

 

様々な原因で起こる交通事故や、電車の事故はありますが、ショッキングな電車の人身事故が発生しました!

 

未来ある若者が一瞬で、命を落としました。

 

警視庁千住署によると、

 

  • 事故は6月3日午前5時45分ごろ発生
  • 現場は東京都足立区千住東の踏切
  • 死亡したのは、大学生・佐藤恭輔さん23歳
  • 浅草駅発南栗橋駅行きの電車にひかれた
  • 防犯カメラの映像では、踏切を歩いて渡っている途中で転倒
  • 頭などを打ちあおむけに倒れ、わずかに手を動かすなどしたが、直後に遮断機がおり、電車にひかれた

 

とされています。

 

耳にするだけでも、不運な事故だと胸が痛みますね。

 

佐藤恭輔さんは帰宅途中だったとみられるとされていますので、自宅方向へ向かっていたものと考えられます。

 

明け方とあって、当然通行人もおらず、救助してくれる方もいなかったのが残念です。

 

 

 

つまづいた線路はどこ?

 

事故現場となったのは東京都足立区千住東の東武伊勢崎線の踏切とされています。

そして、通過した電車は浅草駅発南栗橋駅行きの電車とされています。

 

地図で確認をすると、

 

 

別報道にもあるように、北千住駅~牛田駅間の線路ということになります。

 

この間の踏切は北千住側から


以上の3か所になります。

 

この踏切のいずれかで事故にあった可能性が高そうです。

 

いずれの踏切も比較的広く、住宅街ではありますが、前述の通り、早朝ということで人出は少なかったものと思われます。

 

天気は晴れでしたので、極端に見通しが悪かったということもなさそうです。

 

 

スポンサーリンク




逃げられなかった原因は?

 

防犯カメラの映像では、

 

踏切を歩いて渡っている途中で転倒した。頭などを打ちあおむけに倒れ、わずかに手を動かすなどしたが、直後に遮断機がおりた

 

と確認されているようです。

 

 

上記の状況から、佐藤恭輔さんがつまづいた後、現場から逃げられなかったのか、考えられる原因としては、

 

・頭を強く打ち、気絶していた

・脳震盪や、強打でもうろうとしていた

・靴ひもや衣服の一部が線路に引っ掛かり身動きが取れなかった

・深酒など、泥酔していた

 

などの状況が考えられます。

 

いずれにしても、死を迎えるにはあまりにもあっけなく、不慮の事故としか言いようがありません。

 

 

佐藤恭輔さんのご冥福をお祈りします。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!