カペラホテルで米朝首脳会談!良心的な価格のホテルのセキュリティは?会談する会議室や宿泊も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮キムジョンウン委員長が首脳会談を開催する場所が報じられました。

シンガポールカペラホテルカペラ・シンガポール)についてセキュリティや宿泊の有無も確認したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク




米朝首脳会談の開催場所がツイートされる。

 

歴史的な会談と注目されている、米朝首脳会談

 

数か月前は、ののしり合戦まで繰り広げていた、アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮のキムジョンウン委員長

 

「チビでデブ」「ロケットマン」

「老いぼれ」

 

など、これまでの首脳同士ではまず見られなかった、小学生同士の様な仲から一転。

 

ついに6月12日に首脳会談が実現しそうです!

 

 

 

その気になる開催場所について、アメリカのサンダース報道官がツイートしました。

 

 

上記ツイートの通り、開催場所は、「カペラホテル(カペラ・シンガポール)」と決定したようです。

 

 

 

両国の関係や、これまでの北朝鮮のお国柄を考えると、第3国で、という条件を満たし、中立的な国でありますので、安全に開催されるような気がしますね。

 

キムジョンウン委員長は、どこの国へ行っても、暗殺の可能性がありますので厳重な警護を準備していると思います。

 

そういった意味では、ホテルのあるセントーサ島は、シンガポール中心地からは橋一本でつながっているので警護はしやすい環境と言えるでしょう。
 

カペラ・シンガポールホテルとは?

 

首脳会談の場所として選ばれた、カペラ・シンガポール。

 

友好関係にある国同士であれば、互いの国のホテルでの開催する光景がよく見られます。

 

2004年には当時の小泉総理と、韓国のノムヒョン大統領が、小泉総理の父の地元である鹿児島県の白水館で首脳会談を行っています。

 

 

今回は、融和ムードながらもまだまだ油断はできないアメリカと北朝鮮の会談ということで、それなりにセキュリティ面などを考慮して、カペラ・シンガポールが選ばれたことと思います。

 

カペラ・シンガポールは期待を裏切らない高級ホテルの一つです。

 

カペラcapellaとは「恒星」を意味しています。

 

シンガポールのセントーサ島にあるホテルで、ホテルの外観が変わっており、上空から見ると∞マークのような形をしています。

 

食事よし、景色よし、価格よし、と、人気の高級ホテルながら良心的な価格設定も魅力の一つです。

 

 

例えば、一般的な土曜日にペアで1泊する場合、日本円で50000円台から価格設定されており、セレブでなくても手が届きそうなホテルであることが分かります。

 

恒星のように長く、∞の関係を築いていきたい、両国のそんな希望も託されているのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク




会談を行う会議室は?

 

トランプ大統領と、キムジョンウン大統領は、このホテルを会談のためだけに訪れるのか、宿泊もするのかは明らかにされていません

 

もしも宿泊するとなると、夜間の警備体制や、食事の安全など、厳しいセキュリティが課せられることでしょう。

 

リゾートホテルもこれまでに経験のない体制で臨むことになります。

 

特に、会談を行う会議室的な部屋は綿密なチェックが行われるはずです。

 

ただ、もともとはくつろぐためのリゾートホテルですので、首脳会談とはイメージが結びつかない落ち着きのある会議室で行われると思われます。

 

会議室の情報が明らかになったら追記したいと思います。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!