唐津・西九州自動車道で事故!場所付近の中央分離帯画像も。昭和交通バスと乗用車の衝突でけが人発生!(2018.6.8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

佐賀県唐津市を通る、西九州自動車道で、交通事故が発生しました!

 

路線バスと乗用車の衝突でけが人も発生しているようです。

 

被害の状況と、事故現場(場所)の画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




西九州自動車道で交通事故!

 

 

佐賀県唐津市を通る、西九州自動車道で交通事故が発生しました!

 

現在は、通行止めは解除されていますが、通行の際は十分に気をつけましょう。

 

佐賀県警唐津署によると、

 

  • 事故発生は6月8日13時ごろ
  • 事故の場所は西九州自動車道浜玉インターチェンジ(IC)-唐津IC間
  • 事故を起こしたのは、72歳男性が運転する乗用車と、昭和交通の路線バス
  • 乗用車の運転手と、バスの運転手・乗客に負傷者がでている

 

 

ということです。

 

事故に巻き込まれたバスは、JR博多駅から伊万里駅に向かっていた昭和交通のバスです。

後述しますが、命には別状はないもののけが人は発生しています。

 

 

 

 

事故現場(場所)はどこ?

 

事故が発生したのは佐賀県唐津市の西九州自動車道浜玉インターチェンジ(IC)-唐津IC間とされています。

 

現場は片側1車線のゆるやかなカーブで、中央分離帯はないそうです。

 

正確な場所の情報は明らかになっていません。

 

 

この付近の中央分離帯はこのような感じです(現場ではありません)

 

車線はポールとブロックのみですので、スピードが出ていると対向車線に飛び出す可能性は十分にあります。

 

警察も乗用車が対向車線にはみ出してバスにぶつかったものとみているようです。

 

高速道路はスピードも出ているので、1車線地帯は体感も怖く感じます。

 

スピードの出しすぎに気を付けるしかなさそうです。

 

 

スポンサーリンク




被害の状況は?

 

事故に、路線バスが巻き込まれたということで、けが人も発生しています。

 

現在までに分かっているのは、

 

  • 乗用車の男性が左脚を骨折
  • 路線バスの運転手と乗客4人の計5人が負傷

 

 

ということですが、いずれも命に別条はないということで、安心してよさそうです。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!