小島一朗容疑者の出身定時制高校はどこ?自閉症で家族との関係も悪かったか。東海道新幹線のぞみ殺傷事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

6月9日に東海道新幹線のぞみ内で無差別殺傷事件が発生しました。

逮捕された小島一朗容疑者の出身高校や事件までの経緯を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




東海道新幹線内殺傷事件で小島一朗逮捕!

 

6月9日、衝撃のニュースが流れましたね。

 

東海道新幹線のぞみ内での無差別殺傷事件が発生しました。

 

走行中の新幹線内という、逃げ場のない空間での事件で、居合わせた方々にとっては恐怖でしかなかったでしょう。

 

小田原署によると、

 

  • 事件発生は6月9日午後9時50分ごろ
  • 発生場所は神奈川県内を走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」(16両編成)
  • 男性乗客より通報
  • 新幹線は小田原駅で緊急停車
  • 駆け付けた小田原署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕
  • 逮捕されたのは小島一朗容疑者
  • 男性1人が死亡、女性2名が重傷

 

 

だということです。

 

ツイッターでは新幹線内の生々しい画像が複数投稿されており、現場にいなかった私たちでさえ恐怖を感じます。

 

小島一朗容疑者は、

 

「むしゃくしゃしていた。誰でもよかった」

 

と供述しているということです。

 

ナタのような刃物が押収されており、凶器になったものと思われます。

 

なかなか都会ではナタを持ち歩く機会は少ないかと思いますので、初めから殺傷の目的で持ち込んだのでしょう。

 

 

大阪行きの最終列車、16両編成の12号車での犯行とみられています。

 

乗客は約880人、小田原駅での現場検証が終わり、再開したのは0時55分だったということです。

 

いくら嫌なことがあったとしても、人を殺めてはいけません。

 

 

また、過去には車両内での焼身自殺もあったので、不穏な因縁を気に掛けるツイートも多く見られます。

 

 

出身高校は定時制

 

小島一朗容疑者は現在、愛知県岡崎市蓑川町(自称)と語っています。

 

名古屋本線近くの地域ですので、電車や新幹線に乗ることは生活の一部としてあったことがうかがえます。

 

このような事件を起こすにあたり、その人物像や生い立ちというのは関連があったりするものです。

 

一部新聞記事では、小島一朗容疑者の伯父が取材に答えており、愛知県一宮市の出身であることと、定時制高校出身であることを明らかにしています。

 

 

一宮市で定時制高校は

 

  • 愛知県立一宮高等学校
  • 愛知県立起工業高等学校

 

の2校が該当するようです。

この2校のどちらかを卒業した可能性が高そうです。

 

定時制に通う学生は、さまざまな事情を抱えて定時制高校を選ぶと言われています。

 

家庭の事情や、学力の事情、経済的な理由が多いと言われています。

 

 

後述しますが、自閉症の疑いがあった小島一朗容疑者は勉学が十分にできていなかった可能性や友人などの人間関係も不安があったのかもしれません。

これは今後新たな情報がでてくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




自閉症で人間関係上手くいかず?

 

愛知県一宮市で、上述の定時制高校を卒業した後は、職業訓練校へ通ったと言われています。

 

就職に必要な知識や技術を身に付ける職業訓練校にかよったにもかかわらず、就職した埼玉県の会社では1年で退職しています。

職業訓練校の技術云々ではなく、本人は

 

「人間関係が合わない」

 

と言っていたようです。

 

実家で両親とトラブルがあり、家を出た後は、

 

  • 2016年4月ごろ愛知県岡崎市の伯父(前述)方で暮らす
  • 2017年2~3月、自閉症と診断され入院
  • その後、伯父宅では2階の部屋に引きこもる
  • 2018年1月に「旅に出る」と自転車で伯父宅を出る
  • 現在の住所、愛知県岡崎市蓑川町に引っ越した?
  • 2018年6月9日事件発生

 

伯父宅を出てかた約半年間の間に何があったのでしょうか。

 

すくなくとも、これまでの人間関係を振り返ってみると、その一因として自閉症がありそうではあります。

自閉症は周りで支える家族も、一丸と取り組まないと、社会生活を送ることは困難な場合はあります。

 

自閉症と、事件は直接の因果関係は無いのではないかと私は考えています。

 

 

自閉症はあくまでも容疑者のひとつの背景であり、容疑者は計画的に犯行を起こしています。

 

 

伯父は

 

「人に危害を加えることはこれまでなかった。事件を起こしたことは信じられない」

 

と語っていはいますが、

過去にも何度も家出をしており、

 

「自分は価値のない人間だ。自由に生きたい。それが許されないのなら死にたい」

 

と、人生を悲観している様な言葉もあったようですので、些細なことでも、ネガティブにとらえる性格だったのではないかと推察されます。

ナタを持ち込むほどの、出来事、いったい何だったのでしょうか。

 

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

 

【追記】

小島一朗容疑者の足取りなどが徐々に分かってきました。

 

犯行当日までは、長野で野宿のような生活をしていたと供述しているようです。

そして、犯行のためにナタを購入したようです。

おそらく1月に伯父の家を出て以降のことと一致するかと思います。

 

長野の冬は厳しい寒さだと思いますが、どんな場所に身を寄せていたのでしょうか。

 

また、すでに報じられているように、女性二人をナタで襲い、止めに入った男性に逆上し、襲いかかり男性は致命傷を負い亡くなったとされています。

 

ケガをした被害者の女性の一人は、

 

「亡くなられた被害者の方には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます」

 

と、止めに入った男性に対し、哀悼の意を表していらっしゃいます。

同じ被害者ですが、あまりにも残酷な結末に、女性の胸中も痛んでいるのではないでしょうか。

 

また、容疑者の実父が謝罪をしています。

 

「取り返しのつかないことをしてしまって申し訳ありませんでした。今後につきましては、小島一朗(容疑者)ができる償いを彼にできる限り、心からの人生をそれを償うように生きてほしい」

 

としており、小島一朗容疑者が中学2年生の終わりくらいから、自宅を離れ施設で生活していたことも明らかにしました。

 

やはり家族仲が良くなかったのか、最期に会ったのは2年前にもなるそうです。

 

 

施設で生活した理由は明らかではありませんが、同様の事情で生活する方々に偏見の目が向けられないようにしていきたいですね。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 感想 より:

    こういう事件をみると、自閉症などと真剣に取り組む人間・施設の必要性を感じるね。戸塚ヨットスクールなんかもそうだったんだが。
    ともかく両親が 養育を放棄して伯父に預けた結果、第三者が一名殺害され、2名重症です。
    両親の責任はとても重いと思う
    うちの周辺でも吠えている自閉症の人を見かけることがあるが、こういうのを聞くと怖くなります。

  2. リンゴ より:

    この方、テレビに出ていませんでしたか?
    私はこの事件に至るまで、彼がSOSを出していたと思います。
    彼がうんぬんというより、それを放置していた社会に問題があると思います。

  3. より:

    小島一郎はこの世のゴミクズ さっさと死ね

コメントを残す

*

error: Content is protected !!