寿永小学校の倒壊したブロック塀がかなり高い画像!構造の境目と耐震性の問題も。大阪北部地震で9歳女児犠牲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年6月18日の朝に発生した、大阪北部地震

9歳の女児が犠牲となった寿永小学校の倒壊したブロック塀場所耐震性を確認します。

倒壊前の画像を確認すると、かなり高い塀だったことが分かります。

 

 

スポンサーリンク




大阪北部地震で9歳女児犠牲に

2018年6月18日の朝7時58分に、大阪北部を震源とする自身が発生しました。

 

 

大きな揺れが、都市機能を一瞬で混乱に陥れた。大阪府北部を震源に、最大震度6弱を観測した18日朝の地震。各地で建物倒壊や火災が起き、死者やけが人も相次いでいる。消防には、エレベーターに閉じ込められた人からの救助要請が殺到。週明けの都心を襲った災害の全貌はいまだ明らかにならず、自治体や警察は情報収集に追われた。

「壁が崩れて、女の子が下敷きになった」

大阪府高槻市栄町の市立寿栄小学校。大きな揺れが収まった直後、門の前にいた警備員の男性(70)のもとに児童が駆け寄り、こう告げた。

同小のプール沿いに設置された高さ約2メートルのブロック塀が崩れ、通学中の女児(9)が巻き添えになっていた。男性は近くの住人らと協力して何とか塀を持ち上げようとしたが、最初はびくともしなかった。通りかかったトラックの運転手がジャッキを使って上げようとしたが、それでも上がらなかった。

消防が来て、ようやく救助された女児の周囲には血だまりができ、呼びかけにも応じることができなかったという。

<引用元:産経新聞>

 

 

大阪の地震といえば1995年に発生した阪神大震災が思い出されますが、当時は朝5時46分とまだ、多くの方が寝ている時間帯でした。

今回は通勤・通学ラッシュの時間帯でもあり、小さな子供たちも家を出た後での地震発生ということで、多くの方々が再び怖い思いをしたのではないでしょうか。

 

私自身も大阪に姉がいるので心配をしている一人です。

 

そして、犠牲者の中には9歳の女の子が含まれていたことは多くの方がニュースで見たのではないでしょうか。

 

もう少しで学校敷地内に入るという場所での地震発生で、倒壊したブロック塀の下敷きとなりました。

 

 

 

倒壊したブロック塀はどこ?意外と高い!

 

この女の子が犠牲となったのは大阪府高槻市栄町にある寿栄小学校(じゅえいしょうがっこう)のプールの壁とされています。

 

 

もう少し進むと、正門が見えてきます。

 

 

 

結構高い塀だったことが分かります。

 

さすがにこれが倒れてきたら、子供の小さな体では耐えられませんね。

 

 

スポンサーリンク




耐震性の問題は?

 

倒壊前の画像をよく見ると、塀の真ん中を境目に上と下で、ブロックの種類が異なることが分かります。

上の方はいわゆる普通のブロック塀ですね。

 

ちょうどそこを境目に倒れたことが分かります。

 

NHKでは東北工業大学の最知正芳教授が、

 

「道路からの高さが非常に高く、映像を見ただけで、地震の揺れでブロック塀が倒れれば、非常に危険だとわかる」

 

と指摘しています。

実際の耐久性に問題はなかったのかについては今後調査が進んでいくと思いますが、少なくとも9歳女児が犠牲になっている以上、これでは不十分だったことは明らかです。

 

来る南海トラフ自身に向けても、各学校で壁の確認は必要になるのではないでしょうか。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!