【訃報】名和宏、腎不全で死去。残された家族(妻・子供)は?名悪役で仁義なき戦い出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仁義なき戦いなどの、名脇役として知られる、俳優の名和宏さんが死去されるという訃報が飛び込んできました。

残された家族子供)について、画像も確認したいと思います。

 

 

スポンサーリンク




俳優・名和宏、死去

 

昭和の映画や時代劇で、名脇役として知られ活躍された、俳優の名和宏さんが死去されました。

日活映画など、古きよき時代のファンにとっては寂しいニュースです。

 

映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優・名和宏さんが26日午前7時32分、急性腎不全のため、都内の病院で死去した。85歳。熊本市出身。

1954年、新生日活の第1期ニューフェイスとして入社し俳優デビュー。二枚目スターとして活躍し、主演映画「地底の歌」(56年)では故石原裕次郎さんと共演した。

57年、松竹に移籍し、63年にはフリーに。以後、名脇役として映画、テレビで数多くの作品に出演した。

特に不良性感度の高い東映作品との相性は抜群で、深作欣二監督、石井輝男監督、鈴木則文監督といった娯楽映画の巨匠たちの作品には欠かせない存在に。「仁義なき戦い 広島死闘篇」、「仁義なき戦い 代理戦争」での村岡組長役、「温泉スッポン芸者」、「温泉みみず芸者」の竿師段平役は当たり役となった。

テレビドラマでは時代劇の名悪役として「水戸黄門」「大岡越前」などに出演した。

<引用元:デイリー>

 

2012年に都内の介護施設に入所していたということです。

25日に体調不良を訴え、搬送先の病院で死去、関係者によると眠るような最期だったということです。

 

名和宏さんの死因は上述のように急性腎不全とされています。

急性とはいえ、腎不全になると、排尿の問題や、血液中の老廃物蓄積が問題となり、体調は非常に悪くなるといわれています。

 

しかし、85歳という年齢を考えれば、十分満足な人生を送ることができたのではないでしょうか。

 

 

もちろんファンにとってはもっと長生きしてもらって、いつかスクリーンですの姿を見たかったでしょうが、長い俳優人生にお疲れ様と、言ってあげたいですね。

 

最近の画像は?

 

名和宏さんは、仁義なき戦い大岡越前に出演されていました。

いわゆる代表作として考えていいでしょう

 

 

名和宏さんは、確認できている限りでは2010年の「石井輝男映画魂」という映画出演が最後のようです。

 

この映画出演当時の画像がこちらです。

 

2010年ごろの名和宏さん

 

 

 

また、2015年には著述家・名和広(まぎらわしい^^;)さんのツイッターでその姿を拝見できます。

 

 

 

 

だいぶお年をとられていますが、そのキリッとした目元は健在ですね!

 

若い世代の方々にはなじみの無い俳優さんであることは仕方が無いでしょう。

 

伝説のバラエティ番組「天才たけしの元気が出るテレビ」にも出演歴があるようです。

 

 

スポンサーリンク




妻や子供など家族はいる?

 

年齢的には、妻や子供、孫がいてもなんらおかしくはありませんが、プライベートな情報はほとんど知られていません。

家族については不明です。よって、画像も確認することはできません。

家族と仕事を分けて大事にしていたのかもしれない、と考えたいですね。

 

もしいらっしゃるとしたら、昭和の映画やドラマの立役者としてがんばってこられた、名和宏さんのことを尊敬されているのではないでしょうか。

 

 

ただ、晩年は施設に入所していましたので、家族との同居は無かっただけなのか、身寄りが全く無かったのか、は分かりません。

 

 

心よりご冥福をお祈りします。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!