【訃報】お父さん犬・カイくんが老衰で死んだ!家族や子供は?お見合いエピソードや画像を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ソフトバンクのCMで”お父さん”として親しまれた犬のカイくんが死んだことが分かりました。

カイくんの家族や子供、画像、死因について確認します。

 

 

スポンサーリンク




”お父さん”カイくん、天国へ

 

ソフトバンクといえば、白戸家のユニークなCMが誰もが知るところですが、その中心にいるお父さん犬こと、カイくん

 

カイくんは初代お父さんを務めていましたが、死んでいたことが分かりました。

 

 

ソフトバンクのCMで初代「お父さん」のキャラクターを務めた白い犬のカイくんが28日未明、老衰のため死んだことが分かった。16歳だった。同社が明らかにした。2007年から始まった「白戸家」のCMに出演し、ユニークなセリフと愛くるしい姿で人気を集めた。

現在はカイくんの息子のカイトくんとカイキくんが2代目「お父さん」役になっているという。同社は「白戸家のお父さんとして活躍していただいたカイくんに、心より感謝するとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします」としている。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

 

犬の寿命は、犬種にもよりますが、10~15年ほどと言われています。

カイくんの死因は老衰で16歳で死んだと、ソフトバンクホームページでは紹介されています。

 

2014年には老齢のため、全ての仕事から引退していますが、メディア出演など、犬としてはストレスの多い生活を送っていたとは思いますが、しっかりと寿命を全うできたのは良かったのではないでしょうか。

 

 

 

カイくんの所属や名前の由来は?

カイくんは北海道勇払郡むかわ町生まれの北海道犬で、名前の由来は、北海道の「」から名付けられたと言われています。

 

その真っ白い体とつぶらな瞳がなんとも、見ている視聴者を和ませてくれましたね。

 

所属は湘南動物プロダクションで、成犬時は体重15kg、体長50cmほどだったようです。

湘南動物プロダクションはその名の通り、動物タレントが多数在籍しており、犬や猫以外にも、アルパカ、イノシシ、カモ、馬、ライオンなど、動物さながらの在籍数となっています。

 

カイくんが一躍人気になったのも、ソフトバンクCMがきっかけでしたので、他のタレント動物たちも出演を待ちながら飼育されているのでしょう。

 

 

スポンサーリンク




カイくんの家族や子供は?

 

カイくんは2009年にお見合い結婚をしています。

 

野生犬ではないので、人の手によるお見合い結婚を受けないとなかなか自然な出会いというものは無いのでしょう。

 

お相手は、北海道犬保存会鵡川支部長の豊田康秀さんの飼い犬・灯希奈ちゃん(ときなちゃん)で、同じ北海道犬とされています。

当時、カイくんは人間でいうと40歳くらいでしたが、お見合いの居間に通されると、一目ぼれで一直線だったと報じられています。

灯希奈ちゃんは当時北海道犬コンテストで3回優勝する美人犬だっちょうですので、一目惚れも無理はないですね。

 

同じ北海道県ですので、象徴となる白い体も残っていくことを期待されていたのかもしれません。

 

また、もう一方のペアリング犬のピリカとの間には2010年6月12日に、雄雌2匹の子供が生まれています。

雄犬が「そら」、雌犬が「ゆめ」と名付けられています。

 

2010年7月7日には、灯希奈との間に3匹の子供が生まれ、そのうちの一匹が「海斗(カイト)」で「ソフトバンク帯広中央店」の飛岡抗社長に譲られました。

 

 

 

 

 

カイくんの子供の中では、最もカイくん似ということで、今回の訃報の中でも、カイトくんとカイキくんが現在の”お父さん”を務めていることが触れられています。

 

こうして考えると、1年間で5匹の”お父さん”になっていたカイくん。

跡取りもいて、晩年は幸せな生活を送っていたのではないでしょうか。

 

残念ながら奥さん等の画像は確認できませんでしたが、現在CMに出演しているお父さん犬はカイトくんやカイキくんですので、CMでカイくんをしのぶことが出来そうです。

 

楽しいCMを見せてくれたカイくんのご冥福を心から祈りたいと思います。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!