【金沢中署地域課】拾得物スマホを泥棒した巡査長の画像や名前は?持ち主に位置検索で発見通報される!(2018.6.29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

石川県で、金沢中署地域課勤務の男性巡査長が、拾得物スマホの業務上横領で書類送検されました。

この書類送検された男性巡査長について、名前や画像を確認します。

スマホのLINEや画像を見たかったようです。

 

 

 

スポンサーリンク




男性巡査長がスマホのLINEを覗き見し通報される!

 

 

他人や気になる人の携帯やスマホをのぞいてみたいと思った方は多いのではないでしょうか。

そんな、誰しもが、見てみたい、でも見てはいけない、そんな行為を立場を利用して犯してしまった巡査長が業務上横領で書類送検されました。

 

 

石川県警は29日、交番勤務中に拾得物として保管中だったスマートフォンを持ち出したとして、業務上横領の疑いで、金沢中署地域課の20代の男性巡査長を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は「写真やLINE(ライン)のやりとりを見たかった」と容疑を認め、同日付で依願退職した。

書類送検容疑は4月5日午前11時ごろ、拾得物として交番に届けられたスマホを交番から持ち出し、中に入っていた写真などを見たとしている。

県警監察課によると、スマホは同日午前8時20分ごろ届けられたが、巡査長は届けた人に渡す書類を作成せず、退勤時に持ち出した。交番には他に巡査部長が1人いたが、気付かなかったという。持ち主がスマホの位置を調べ、該当する場所に止まっていた車の中にいた巡査長を発見、通報した。

県警の坂尻勇一首席監察官は「関係者に深くおわびする。職員の指導監督を徹底し再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。

<引用元:産経ニュース>

 

交番勤務の巡査長ですので、拾得物として携帯電話やスマホを預かることはあるでしょうが、さすがに踏み込んではいけないことをしています。

 

これでは、警察が預かっているものもおちおち取りに行きづらくなりますね。

 

 

 

書類送検された男性巡査長は誰?

 

拾得物のスマホを覗き見したのは、金沢中署地域課の20代の男性巡査長とされています。

 

 

 

 

犯行に及んだのは交番勤務の時とされています。

少人数での勤務でしょうから、監視の目は行き届いていないでしょう。

 

現段階では名前や画像は明らかにされていません

すでに依願退職されており、石川県警の信用失墜を防ぎたいためかはわかりませんが明らかにはされていません。

 

 

若い巡査長ですが、若気の至りでは済まされない行為であることは言うまでもありません。

 

結婚しているかどうかもわかりませんが、せっかく警察官になったのに、自分自身の軽率な行為でその仕事を失ってしまったのはもったいないですね。

 

 

 

スポンサーリンク




巡査長が追跡され御用

 

スマホが見つかった経緯は、前述の通り、持ち主が自ら位置を特定したことによります。

 

GPS機能や、アプリなどで、比較的簡単に位置の特定はできると思いますが、捜索する側の警察官が、捜索されて通報されるのは、なんとも情けない話です。

 

警察官には向いていなかったか、少し資質が足りていなかったと言わざるを得ませんね。

 

石川県警としても拾得物の管理の仕方を見直さないといけないでしょう。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!