関ジャニ∞・安田章大が髄膜腫。摘出手術・入院していた病院はどこ?完治の目途はいつごろ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関ジャニ∞のメンバー・安田章大さんが、髄膜腫とよばれる脳腫瘍の摘出手術を受けていたことが分かりました。

手術を受けた病院の場所はどこなのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




安田章大、髄膜種手術を受けていた

 

人気グループ関ジャニ∞のメンバー・安田章大さんが髄膜腫と呼ばれる、脳腫瘍の摘出手術を受けていたことをが明らかになりました。

 

人気アイドルでまだ若いので、心配なニュースです。

 

人気グループ・関ジャニ∞の安田章大(33)が所属するジャニーズ事務所は2日、公式サイトを通じて、安田が昨年2月上旬に脳の腫瘍の摘出をしたことを公表。病名は髄膜腫(ずいまくしゅ)。早期発見で腫瘍も良性、手術も無事に成功したと報告した。

サイトでは「安田は2017年2月上旬に髄膜腫(ずいまくしゅ)という良性の脳腫瘍の摘出手術を行いました。手術は無事に成功し、現在も経過は良好でございます」と報告。「順調に回復するなか、2018年4月9日に立ちくらみが原因で誤って転倒してしまい、背中と腰に全治3ヶ月の骨折を負いました。渋谷すばるの記者会見に出席することができなかったのはこの骨折が原因でございます」と明かした。

当時、事実の公表を差し控えていたのは「関ジャニ∞が7人から6人になることでファンの皆さま、関係者の皆さまが様々な思いを抱く事を考えた時に、このタイミングでこれ以上のご心配をおかけするべきではないという判断からです」と説明し「理由の如何にかかわらず、事実をお伝えすることができなかったことにつきまして、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

なお、骨折は順調に回復してるものの「完治するまでには至ってない」といい、7月15日からスタートする全国ツアー『KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST』については、「本来のパフォーマンスをさせていただくことができませんが、今の安田にできる最大限のパフォーマンスをさせていただくことでご了承いただけますと幸甚に存じます」。

続けて「安田はベストな状態ではありませんが、メンバーは自分たちにできるすべてのことを今回のステージを通してお届けすることで関ジャニ∞の船出とする覚悟でおります。皆様にはぜひともありのままの6人の姿を見ていただき、同じ時を共有していただけますと幸甚に存じます」と呼びかけている。

また、関ジャニメンバーも「これからも応援してくださるファンの皆様にはご心配をおかけするかと思いますが、安田章大の意志をしっかり汲み取り、メンバー、スタッフ一同、最善かつ最大限のサポートをしていくことで、今まで以上の関ジャニ∞をお見せしていくべく、精進してまいります。今後も変わらぬご声援よろしくお願いいたします」とメッセージしている。

<引用元:オリコンニュース>

 

上述の通り、渋谷すばるさんの脱退と時期が重なっていたこと、これがこれまで明かされなかった理由とされ、脱退会見に欠席したのは骨折によるためとされています。

 

ただ、手術は無事に成功していること、7月15日からのツアーにも参加することでファンの安心材料の一つとなるのではないでしょうか。

先週行われたイベントにも姿は見せていますので、順調に回復しているものと判断されますね。

 

イベントの様子

 

 

手術、入院していた病院はどこ?

 

安田章大さんが入院・手術をしていた病院が気になりますね。

公式発表では入院・手術していた病院は明らかにされていません

 

 

ただ、天下のジャニーズですから、プライベートが守られた病院が治療先として選択されているものと思われます。

 

東京都内にある脳腫瘍の手術をできる病院のうち、有名な病院では、

 

  • 総合東京病院
  • 東京医科大学病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東京脳神経センター 他

 

などがありますが、これ以外にもまだまだあり、脳外科の病院はとても豊富と言えるでしょう。

 

 

特に総合東京病院は、ゴッドハンドと呼ばれる福島先生の病院です。

 

 

どこの病院なのか判明したら追記したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク




完治はいつ?

 

髄膜腫は、脳腫瘍の中でも比較的多い腫瘍で、90%は良性と言われています。

 

手術後はリハビリや薬の服用で経過を見ていくということです。

 

骨折というアクシデントはあったものの、すでに1年以上が経過し、イベント出席やライブツアーも控えてるところをみると、十分に経過は良好ではないかと思われます。

もしも、激しい後遺症や、不自由が残っていれば、ライブどころか、芸能活動自体が危ぶまれます。

 

 

とくにいつが完治と、明確な日付は分からないでしょうが、日を追うごとに、脳腫瘍摘出術をうけたことすら忘れてしまうくらい元気になっていくのではないかと思います。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!