【セクハラ?】「三原麗珠じゃないかも」ツイッター教授の家族(妻・子供)はいる?妄想ツイートが多い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

香川大学教授である、三原麗珠教授が、ツイッターセクハラに関する書き込みをして炎上しています。

過去のツイートや、家族子供)についても確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




香川大学・三原麗珠教授がセクハラに関するツイート

香川大学・三原麗珠教授が、ツイッターにセクハラに関するツイートを書き込み炎上しているようです。

 

短文投稿サイト「ツイッター」で、香川大学の教授が投稿した「セクハラ」発言がインターネット上で波紋を呼んでいます。この教授がKSBの取材に応じ、発言を認めました。

問題になっているのは、香川大学に勤務する実在の教授の氏名に「じゃないかも」と付け足されたアカウントから投稿された一連のツイートです。
中でも今年4月の「僕の趣味はセクハラです。気持ちいいじゃないですか」「女の子の肌を触るのが好き」といった投稿は、現在インターネット上で大きな波紋を呼んでいます。

香川大教授がセクハラツイートで炎上「女の子の肌を触るのが好き」

この教授は3日、KSBの取材に対して「自分が投稿したものだ」と認めました。
その上で、「財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、国会議員が『セクハラはしません』と宣言していることがナンセンスだと感じ、反発した。研究者として表現の自由が守られるべきだ」と主張しました。

香川大学の筧善行学長は「教育上の観点から不適切な内容であり誠に遺憾。学内規則などに照らして、適切に対処を行うとともに再発防止を徹底する」とコメントを発表しました。

<引用元:KBS瀬戸内放送>

 

三原麗珠教授は、『三原麗珠じゃないかも』というツイッターアカウント名でのツイートを以前よりしているようです。

 

財務省の福田次官のセクハラ問題について、議員の「セクハラしません」発言がナンセンスだと反発する意図があったようです。

しかし、よく言い分が理解できません^^;

 

社会的に問題になっていることをしないようにしようと取り組むのは構わないと思うのですが・・・。

 

 

 

自身のサイトでは画像の公開も行っているようです。

 

こちらの画像に付けられたタイトルも何だか、不愉快さを感じさせそうです^^;

 

画像

 

タイトル『この写真を撮影中の女子学生の盛大なパンチラをしっかりチェックしつつも澄ました表情を崩さない三原麗珠』

 

ナルシストチックな画像ですね・・・。

 

 

また、過去の詩集ではエロの要素が感じられる題の詩が並んでいます。

 

詩集リンク

 

 

問題のツイート

 

今回問題になったセクハラツイートはこちらです。

 

 

 

 

 

また、話題は異なるものの2014年のツイートでは、

 

 

子供に英語の発音を教えている様子をツイートしていますが、最終的には女子生徒への発音指導の妄想(?)へ発展していっています。

 

実際に加害したわけではありませんが、教授という立場の方がわざわざツイッターで発信する内容ではないことは言うまでもありません。

 

表現の自由は確かにあるでしょうが、一般的な感覚としてそんなことを発言している方には近寄り難くなりそうです。

 

また、セクハラ関連の話題や、自身の妄想発言で、

 

 

と、やたらセクハラ関連のツイートは多くしているようです。

スポンサーリンク




家族(妻・子供)はいる?

 

上記ツイートにもあるように、2014年に子供に英語の発音を教えている記述がありますので、少なくとも現在10歳くらいの息子さんがいることは間違いないでしょう。

よって、結婚歴があり、がいるものと思われます。

 

 

またこのツイートでは7歳の娘さんがいらっしゃることも確認できます。

 

 

それ以上の家族の情報は確認できませんが、セクハラで話題になってしまうと、妻や特に息子さんや娘さんがが学校でいじめられないかが心配になりますね。

 

果たして妻は、夫がこのようなツイートをしていたことを知っているのでしょうか。

 

表現は自由ですが、家族のためにも一般的な感覚の上での発言を心がけた方がいいのではと感じます。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!