松本智津夫死刑囚が火葬された火葬場(斎場)の場所はどこで画像は?多磨葬祭場はメンテナンスで連休へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オウム真理教の麻原彰晃こと、松本智津夫死刑囚火葬されました。

松本死刑囚が火葬された火葬場斎場)の場所はどこなのか、斎場の画像も確認します。

 

 

スポンサーリンク




松本死刑囚、火葬される

 

未曾有のテロで日本や世界を震撼させた、オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚が、先日死刑執行されたのはご存知の通りです。

 

遺体の火葬が7月9日に行われました。

 

 

死刑が執行されたオウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚らの遺体が9日、東京都内の葬祭場で火葬されました。

関係者によりますと、松本元死刑囚の遺体の引き渡し先が正式に決まっていないため、法務省は遺体が傷む前に火葬しました。遺骨の引き渡しについて、法務省は松本元死刑囚の四女の代理人と話し合いを進めていますが、四女側が、いま引き渡された場合「身の危険を感じる」などという意向を示したため、遺骨は東京拘置所でしばらく保管されることになりました。一方、三女らは松本元死刑囚の妻に引き渡すよう求めています。
<引用元:テレ朝ニュース>

 

当日は各局の朝のニュースや情報番組で火葬場へ移送される遺体を中継で追うなど、事件の大きさや影響力の大きさを感じる朝となりました。

 

 

 
真面目なニュースでの珍事がありました。

>>【NHK千葉】五十嵐ディレクター(カラアゲニスト)のTシャツ姿の画像(動画)は?着用していたPikoTシャツは売り切れ!
 

火葬場はどこ?

 

 

 

気になるのは、松本死刑囚が火葬された場所(火葬場・斎場)ですね。

 

今朝は全局ニュースで火葬の話題や中継がありました。

 

 

処刑されてなお、影響力の大きさといいますか、事件の大きさを痛感します。

遺体が安置されていたのは東京拘置所とされており、火葬場は府中市の斎場と紹介されています。

 

 

報道などでの遺体が向かった場所の映像などから、日華多磨葬祭場である可能性がたかそうです。(あくまでも推測と捕らえてください)

 

 

今回の松本死刑囚の火葬との関連は分かりませんが、多磨葬祭場のホームページを確認すると、7月10日、11日はメンテナンスのため、連休となっています。

 

関係ないとは思いますが、極めて影響力のある人物を火葬した後とあって、特別なメンテナンスなのかと想像してしまいますね。

 

単なる定期的なメンテナンスでしょうか。

 

 

連休明けにはまた、亡くなられた方々の弔いを行って欲しいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク




火葬後の遺骨の保管先は?

 

松本死刑囚の遺骨は一旦、東京拘置所に戻っていて、しばらく保管されるようです。

 

上記のように松本死刑囚の遺言では四女へ遺骨を託しているようですが、四女は拒んでいると報じられています。

死してなお、大きな影響力を持っていますので、四女の言い分ももっともに感じます。

 

今後はこの遺骨の奪い合いが行われるのでしょうか。

ニュースなど動向を注目したほうがよさそうですね。

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!