【NHK千葉】五十嵐ディレクター(カラアゲニスト)のTシャツ姿の画像(動画)は?着用していたPikoTシャツは売り切れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7月7日に発生した地震の際のNHK緊急地震速報で、千葉放送局の五十嵐鐵嗣雅ディレクター(以下、五十嵐ディレクター)がラフなTシャツ姿で出演するという珍事がありました。

Tシャツ姿の画像動画と、そのPikoTシャツについて確認します。

カラアゲニストとはいったいなんでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク




緊急地震速報にTシャツ姿で出演

 

7月7日に発生した関東での地震。

NHKでは緊急地震速報とともにテレビ画面に登場した、千葉放送局の五十嵐ディレクターが話題になっています。

 

緊急地震速報という、緊迫したニュースでありながら、カジュアルブランド『Piko』のTシャツ姿で出演したのです。

 

7月7日午後8時24分、NHKの緊急地震速報は、放送中だった土曜ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」を途中で打ち切って始まった。8時23分に千葉県で震度5弱の強い揺れが起こってから、わずか1分後の緊急放送である。さすがは「みなさまのNHK」、素早い対応だ。しかし、そこに現れたのは――。

「緊急地震速報です。午後8時23分頃、関東地方で強い地震がありました。震源については現在、気象庁で調べておりますが、震源が海底ですと津波のおそれがあります。海岸や川の近くからは離れてください」

緊迫感をもって伝えるアナウンサー。東京23区は震度3ではあったが、長い揺れが続いた。慌ててチャンネルをNHKに合わせた視聴者も多かっただろう。地震の規模の大きさ、行動する際には足下に気をつけることなど、繰り返しアナウンスされる。

「新しい情報が入りました。この地震による津波の心配はありません。茨城県東海村にある東海第2原子力発電所は停止中であるため……」

画面には千葉県銚子市や千葉市中央区、そして東京渋谷のNHK放送センターに設置されている定点カメラからの映像が流れている。

スタジオには社会部記者が加わり、地震の解説も始まった。

緊急地震速報が始まってから20分後、「それでは、NHK千葉放送局から伝えてもらいます」と画面が切り替わった、そこには――。

サーフブランドの「Piko」のTシャツを着た、頭はボサボサの黒縁メガネ、バカボンのパパのような薄ら髭の男が座っていた。

「NHK千葉放送局の五十嵐です。地震発生当時、千葉局にはディレクターの私一人しかいませんでした。地震の発生した、タッ、タッ、タ、タイミングでは、こ、小刻みな……」

画面には「五十嵐鐵嗣雅(※てつや)千葉局ディレクター」とテロップが現れるも、画面は千葉市中央区地震発生時の映像に切り替わる。その間、15秒――それを知ってか知らずか、五十嵐Dの声は続く。

五十嵐D:小刻みな揺れがありまして、その後大きく横にユーラ、ユーラと揺れるような時間が長く続きました。立ち上がって電話など取ろうとしていたら、少し目眩がするような感じがありました。その当時、鴨川市の方と電話で取材をしていたのですが、鴨川のほうもかなり揺れているようでありましたが、鴨川、千葉局、どちらもその現場では、モノが落ちたりというところまではありませんでした。以上、千葉局から伝えました。

――おそらくホッとしたと思われる五十嵐Dだが、東京のアナウンサーは許してくれない。

「えー、引き続き質問します。その後の揺れなどはどうでしたでしょうか?」

五十嵐D:……今現在は、揺れは収まっているようですが、その後、電話などしている最中も、少し微妙な揺れを感じることはありました。

「局内から外を見るような機会はありましたか?」

五十嵐D:すいません。外を見るような時間はございませんでした。

「しかし、揺れは強く、ユラユラとした揺れを感じたということですね」

五十嵐D:そうですね、横に大きく揺れ……。

「わかりましたっ! 千葉放送局から伝えてもらいました」

五十嵐Dは、その声までも途中で打ち切られ、その後、番組が終了する午後9時まで2度とその姿を現すことはなかった。

NHK関係者が言う。

「最初こそ、もうちょっとマトモな服装して出てきたらどうかと思いましたが、一生懸命やってましたね。“外を見る”余裕すらない中、自身の体験を要領よくまとめていたと思いますよ」

それにしても、なぜ千葉放送局にはアナウンサーはいなかったのか。番組では五十嵐D以外にも、現場からの実況中継を行ったスタッフが2人いた。しかし、そのいずれもカメラマンであり、1人は声のみ、もう1人は千葉市から長南町へ移動中の車内からだった。

「発生時、私は自宅で休んでいたのですが、強い横揺れで目が覚めて、急いで会社に来た状況です」と、車中からの映像を流しながら状況を説明していたのである。

「例の働き方改革の影響ですよ。土日はそのせいで、出勤している人が前より減っています。結局、あの時はディレクターが出るしかなかったようです。NHKは2013年に佐戸美和記者(当時31)が過労死した問題を受け、昨年(17年)12月に上田良一会長(69)が“NHKグループ 働き方改革宣言”を発表しました。それには、〈地方放送局の記者の泊まり業務(拠点局を除く)を、緊急対応の整備を進めながら、段階的に廃止することを目指す〉ともありますからね。また、〈本体制作の番組のスタジオ収録は、来年度から原則午後22時終了を目指す〉ともあって、そのため大河ドラマ『西郷どん』も例年50話のところを47話に減ることになりました。余った3回分は『西郷どんスペシャル』としてフットボールアワーの後藤輝基(44)と関ジャニ∞の横山裕(37)をMCにした歴史バラエティで埋めています。今回の件は視聴者には申し訳ありませんが、仕方ないと言うほかありません」(前出・関係者)

東日本大震災の起こった2011年、災害時の報道機能を強化するため、30億円をかけた新社屋に移った千葉放送局。働き方改革もいいけれど――大丈夫? みなさまのNHK。

<引用元:デイリー新潮>

 

緊急時ですので、24時間365日常に整った姿でいるとは限りませんが、その理由が、働き方改革のしわ寄せとは驚きですね。

 

今後は、勤務中は襟付き服装、などの簡単なルールを設けた方がよさそうですね^^;

 

私、個人としては、ニュースの内容は別として、この画像はとても斬新でクスッと笑っていしまいましたが、ネット上では批判の声も多いようです。

 

 

 

Tシャツ姿の五十嵐ディレクターの画像は?

 

Tシャツ姿で地震の様子を伝えていた時の画像はこちらです。

 

Tシャツ姿の五十嵐ディレクター

 

実際のニュース映像動画)はこちらです。

 

ニュース映像

 

 

何回も噛んでいる様子から緊張している様子とともに、なぜか不思議と緊急事態を感じます。

滅多にない画だからこそ、本当に突然のことだったことがうかがえます。

 

また、五十嵐ディレクターは日本唐揚げ協会が認定する『カラアゲニスト』とされています。

 

 

カラアゲニストプロフィール

 

 

唐揚げ認定試験を受験して合格することでカラアゲニストとなれるようですが、今後は唐揚げの番組の指揮をすることになるかもしれませんね。

 

唐揚げを食べてるTシャツ姿を想像するとなんともかわいらしいですね。

 

スポンサーリンク




五十嵐ディレクターが来ていたpikoのTシャツは?

 

五十嵐ディレクターが着用していたPikoのTシャツが気になりますね!

 

ネットで同じTシャツを探してみると、楽天市場で全く同じTシャツを確認することができます。

 

楽天市場での商品ページ

 

価格は2470円と、やはりPikoはお手頃価格なことが分かります。

 

3L~5Lまですでに在庫切れで売り切れになっていますが、これは五十嵐ディレクター効果なのでしょうか。

これからの季節にぴったりのさわやかデザインですが、五十嵐ディレクターの襟の伸び具合を考えると、昨年以前のデザインなのかもしれませんね。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!