【大阪】松崎大治容疑者が次男を揺さぶり死なせ逮捕。顔画像や家族は?引っ越した理由は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪府で生後6ヶ月の次男を揺さぶってけがを負わせ死亡させたとして、松崎大治容疑者が逮捕されました。

松崎大治容疑者の顔画像家族、引っ越した理由を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




傷害致死疑いで松崎大治容疑者を逮捕

またもや、幼い命が犠牲となる事件が発生しました。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが急性硬膜下血腫ののち死亡しています。

 

 

大阪市淀川区の自宅で昨年12月、生後6カ月だった息子に暴行を加えて頭にけがを負わせ、その後死亡させたとして、大阪府警捜査1課は12日、傷害致死の疑いで父親の松崎大治容疑者(22)を逮捕した。「私は何もしていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年12月17日、当時住んでいた自宅で息子の頭を揺さぶるなどし、急性硬膜下血腫などのけがを負わせ、今年1月6日に入院先の病院で死亡させたとしている。

<引用元:産経ニュース>

 

 

ニュースを拝見する限りでは、明らかに松崎大治容疑者が揺さぶった証拠というものは明らかにされていません。

 

しかし毎日新聞の記事によれば、仕事から帰ってきた妻が、次男の異変に気付き119番通報しています。

 

妻が帰ってくるまでの間、次男を放置して松崎大治容疑者は何をしていたのでしょうか。

何もしていないにしても、病院に連れて行くなり、妻に連絡するなりできたはずです。

 

 

こうなると、何を言っても信ぴょう性が無くなると理解できていないのでしょう。

松崎大治容疑者の顔画像は?

 

松崎大治容疑者が任意同行される様子の画像が毎日新聞で公開されています。

 

 

松崎大治容疑者の画像

 

 

報道によれば、アルバイトで、妻は仕事。

子供がいながら何故正規の仕事をしていないのかはわかりませんが、せめて妻が仕事で不在の間くらいは子供の面倒をきちんと見ていればこのような不幸な事件は起きなかったのではと思います。

 

さらに毎日新聞では、

 

司法解剖などの結果、次男の脳内が広範囲に出血していたほか、左腕の骨折や顔にあざなどもあり、府警は虐待とみて調べていた。

松崎容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「トイレから戻ったらソファの上にいた次男が床に落ちていた。僕は(暴行)していない」と虐待を否定していた。

<引用元:毎日新聞>

 

と、虐待の可能性や、取材時の言葉も公開しています。

 

司法解剖結果まで出ていますので、もはや言い逃れはできないのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




松崎大治容疑者の家族は?

 

松崎大治容疑者は妻と長男次男の4人家族でした。

 

次男の死亡後、理由は不明ですが、引っ越しをしています。

 

事件当時は大阪府淀川区、今回任意同行を求められた際の住所、大阪市此花区西九条3へ引っ越しています。

 

 

 

 

アルバイトであることを考えると、マイホームを持ったとは考えにくいのですし、事件を機に家族で引越しというのもしっくり来ません。

 

松崎大治容疑者のみ別居した可能性も否定はできないのでは、と思います。

警察の調べを待ちたいと思います。

 

 

仕事中に、我が子に揺さぶり暴行が加えられていたことを考えると妻の悲しみは図りしれません。

 

また、その場に居合わせた長男は何歳かわかりませんが、近くで起きてしまった重大なことと、父親と遠ざかってしまうことの悲しみも同様でしょう。

 

 

松崎大治容疑者には誠心誠意、罪を償ってほしいものです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!