【東京世田谷区宇奈根】民家で老夫婦の遺体が発見された場所と画像は?すでに腐敗、死亡原因は?長男が発見(2018.7.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京世田谷区宇奈根で老夫婦の遺体が発見されました。

事件か事故か分かりませんが、遺体が発見された場所画像、死亡した原因を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




東京世田谷区で老夫婦の遺体

東京世田谷区の民家で老夫婦の遺体が発見されました。

 

 

12日午後7時5分ごろ、東京都世田谷区宇奈根の民家で、男性から「両親と連絡が取れないので様子を見に来たら、2人が亡くなっていた」と110番通報があった。警視庁成城署によると、1階台所から男性、2階寝室から女性の遺体をそれぞれ発見。いずれも目立った外傷はないものの、遺体の腐敗が進んでおり、同署で身元の確認を急いでいる。通報した男性は別居している長男で、この家には80代の両親が2人で暮らしていたという。

<引用元:産経ニュース>

 

長男が発見しているのに身元が発見できないということはかなりの腐敗が想像されます。

 

発見したのは別居している長男は、両親の変わり果てた姿に胸を痛めていることと思います。

 

 

遺体が発見された場所や画像は?

 

遺体が発見されたのは東京都世田谷区宇奈根の民家とされています。

 

地図で確認するとこの地域になります。


まだ身元は確認できていませんが、この家に住む老夫婦で、発見した長男の両親ではないかと思います。

 

具体的な場所については明らかにされておらず画像は確認できません

 

今後ニュース映像などで民家の映像など報じられるのを待つしかなさそうです。

 

 

スポンサーリンク




死亡の原因は?

 

遺体の状況から考えると、少なくとも死亡してからある程度時間が経過していることは分かります。

発見した長男もしばらく会っていなかったのではと推測されます。

 

最近のこの暑さですから、腐敗の進みも早かったことが考えられます。

 

2人で生活していますし、気に掛ける長男もいますので、孤独死ではないような気もしますが、外傷がないため殺人事件なども考えにくいというところでしょう。

 

ただ高齢の老夫婦ですから、片方が寝たきりなどになると、もう片方が急病で突然死してしまうと、残された方も生活していく術を失ってしまうこともありえます。

 

1階と2階別々でなくなっていたのにはどんな理由があったのか警察の調べが待たれます。

 

夫婦のご冥福をお祈りします。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!