【広島】斎藤工がボランティア活動を行った場所と画像は?過去に広島県との縁があったのが理由?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俳優の斎藤工さんが、豪雨で被災した広島県ボランティア活動に訪れたことが明らかになりました。

斎藤工さんがボランティアを行った場所画像、その理由を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




斎藤工が広島県でボランティア活動

 

俳優の斎藤工さんが、豪雨の被災地を訪れボランティア活動をしたことが明らかになりました。

 

しかもテレビ的な、とかではなく完全プライベートでのボランティア活動ということで、被災された方々も突然の芸能人の訪問に驚きと元気をもらったのではないでしょうか。

 

俳優・斎藤 工さん(36)が、豪雨被害に遭った被災地の広島でボランティア。自ら支援活動を行い、住民の方からは喜びの声が上がっている。

西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島で、地元の人たちとの写真撮影に応じているのは、俳優・斎藤 工さん。
斎藤さんは、「(ボランティアに?)そうです。事務所にも言ってないので、本当にプライベートで来ました」と語った。

斎藤さんは、仕事が休みだった15日、現地でボランティア活動を行うため、広島の知人に連絡して被災地を訪れた。

斎藤さんは「自分の目で、どういう状況かというのを360度見渡して、何かを感じるべきだなと」、「あくまでもプライベートなので、いちボランティアという形で」などと話していた。

斎藤さんは、土砂を運ぶなどの支援活動だけでなく、記念撮影やサインを書くなど、被災者とふれあい、多くの人を笑顔にした。

住民は「テレビに出た人がいて、びっくりしました」、「かっこよかった。元気になりました。ありがとうございます」などと話した。

着ているTシャツの上にサインをかいてもらった女性は「(大変な状況?)全然ボランティアの方も来られないし、道路が通れないので、車も入れないので、家族だけで泥を出してます」、「(そんな時に斎藤さんが…)もう必死で、必死で走ってきました。気持ち的に、いいです。もう、涙が出そう。元気出ました」と話していた。

今回のボランティア活動について、斎藤さんは、「(被災された方に)何が足りないか聞いたら、やっぱり『人が足りない』と、生の声がしっかり聞けたので、こうやって、どんな形でも人がサポートしに来られる環境に早くなることを願ってますし、そこに対して、何かお手伝いできることがあればと思ってますので」と語った。

<引用元:FNNプライムニュース>

 

ボランティア活動を行った理由は、ご本人も語っていますが、”何かお手伝いできることがあれば”という言葉に集約されているでしょう。

 

また、過去にはローカルガイド誌のイメージキャラクターを務めていたこともあり、その縁を思い出したのではないでしょうか。

 

 

 

自分の休みをボランティアに充て、決して綺麗とは言えない姿で作業をしてくれたことに住民の方々も感激でしょう。

 

斎藤工さんが訪れた場所はどこ?

 

斎藤工さんが訪れたのは広島県安芸郡坂町小屋浦とされています

 

 

また、後述しますが、矢野南小学校も訪問されて住民と交流されたようです。

 

 

ちなみに斎藤工さんは東京都出身ですので、広島県が地元というわけではありません。

ただ、上述のように広島県との縁がありますので、今回の活動になったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク




喜ぶ住民の方々

 

ツイッターをはじめとしたSNSでは住民の方々の喜びの投稿が確認できます。

 

 

報道等では、物資不足、ボランティア問題などさまざまな問題が取り上げられていますが、この喜び方を見ていると、一般ボタンティアの方ではできない芸能人ならではの支援もあることを感じますね

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!