【横浜】北楯征夫容疑者が無免許で事故をした交差点の場所は?『大丈夫だと』あきれた供述(2018.7.24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

スポンサーリンク




免許失効の北楯征夫容疑者が男性をはねる!

高齢者の返納については本人と周囲の人で意見が分かれるところですが、この男性は返納するべきでしょう。

自営業の北楯征夫容疑者が、免許失効のまま車を運転し、男性をはねる事故を起こしました。

 

 

24日午前4時25分ごろ、横浜市中区本牧町の市道交差点で、近所に住む会社員の平田伸二さん(38)が軽ワゴン車にはねられ、顔の骨を折るなどの重傷を負った。神奈川県警山手署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の容疑で、車を運転していた自営業の北楯征夫容疑者(74)=同市中区上野町=を現行犯逮捕した。北楯容疑者は今年6月に運転免許を失効しており、同署は同法違反(無免許過失致傷)の容疑で身柄を送検する。

同署によると、現場は片側2車線の直線道路で、北楯容疑者は信号機の設置された十字路交差点を走行中に、道路を横断していた平田さんをはねた。取り調べに対して容疑を認め、免許が失効していたことについては「まだ免許センターに行けば大丈夫だと思っていた」という趣旨の供述をしているという。

<引用元:産経新聞>

 

驚くべきは、その供述でしょう。

いくら高齢者とはいえ、

 

「まだ免許センターに行けば大丈夫だと思っていた」

 

とはあまりにも勝手な言い分ですね。

それが通れば、世の中のルールは全部破られてもまかり通ってしまいそうです。

 

 

交通事故を起こした場所と画像は?

 

北楯征夫容疑者が交通事故を起こした場所は、

 

  • 横浜市中区本牧町の市道交差点
  • 片側2車線の直線道路

 

とされています。

 

上記地図でも分かるとおり、該当する信号機のある交差点は4箇所しかありません。

 

下のいずれかの交差点ということになります。




 

いずれの交差点も見通しは良いので、前方不注意だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




信じられない供述

 

上述の通り、北楯征夫容疑者は免許失効を知っておきながら、運転をし事故しています。

 

これにより、無免許過失致傷の容疑とされています。

いわゆる無免許運転による事故ですが、今回のように無免許運転での死傷者を出す人身事故は、逮捕される可能性が高くなります。

 

無免許運転は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですが、過失運転致死傷罪で有罪になれば7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金に処されます。

北楯征夫容疑者のように交通事故をおこし、無免許運転が発覚するケースが非常に多いようです。

 

年齢的に家族や孫もいる可能性は高いですので、家族も悲しんでいることでしょう。

 

また、自営業も続けられなくなりそうですね。

 

ネットでもみなさんあきれたような意見が多いです。

 

大丈夫だと思っていたって何が大丈夫だと思ったの?

もう試験場に行ってもダメやな。

被害者泣き寝入りかな? 多分 この爺さん保険も期限切れだろ

自賠責保険は下りるかな、任意は駄目なんだろうね

免許更新のハガキが届いてるはずなんやけどな。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!