鬼束ちひろがインスタで結婚明かす!夫は北海道出身の一般人で婿養子、画像は?『ガキ扱い』結婚指輪も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歌手の鬼束ちひろさんが、自身のインスタで3年前に結婚していたことを明かしました。

一般人ということですが、画像仕事を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




鬼束ちひろ結婚!

 

歌手のの鬼束ちひろさんが自身のインスタで、3年ほど前に結婚していたことを明かしました。

自ら報告したという、最近の芸能人の報告スタイルではありませんが、「大切なひと」という記述に対するファンの書き込みに答えたものです。

 

 

これであなたも80’sファンシー博士号(^_^)大切な人からのプレゼントです♡♡♡

鬼束ちひろさん(@onitsukachihiro)がシェアした投稿 –

 

 

鬼束ちひろさんはファンの書き込みに答える形で結婚について、夫についていくつか答えていますが、肩の荷が下りたと黙っていたことがつらかったことも吐露。

 

後述しますが、夫との関係性を見るとバランスが取れてよい夫婦のように感じます。

 

ファンからの祝福コメントも殺到しています。

 

 

夫のと画像は?

 

上述のように夫は一般人で画像は公開されていません

 

上記インスタグラムでは左手薬指の結婚指輪が光っています。

 

ファンとのやりとりの中では

 

「けっこんして3年くらいです♡(^_^)まんねり上等」

「みなのことも、旦那と同じくらい好き!まじて!!だんなにいつもフルーツ物語のこと話してます」

「奥様っていうか、、、ガキ扱いされてます」

「ようしえんぐみ組合疑惑浮上からの新婚」

「鬼束だよ。旦那が鬼束に嫁いだ的な」

「旦那のも書いたけど、「あっそう」でおわる感じ笑笑 えっと。。火の鳥とかトワイライトとかです(^_^)でもけんかしてたので、1ミリもだんなを想ってうたってないというしまつ!」

「ちなみにあたしは宮崎、旦那は北海道という、南と北の生まれなの、、」

「たまたま出会ってたまたま結婚したので、あまりじっかんがないのですよ。」

「ミュージシャンとも俳優さんともお付き合いはあるけど、夫はすごくいいいみでふつうなんです。過剰すぎるあたしのブレーキをかけます(^_^)笑笑」

「りこんしそうになったら、励ましてね(^_^)まじ。まじだよ笑笑。それくらいのレベルで喧嘩してるんだから笑」

<引用元:インスタグラム>

 

と、夫との関係性を明かしています。

 

夫は婿養子になったようで、北海道出身の方でガキ扱いされているということですから年上なのかもしれませんね。

 

また、過去の投稿では「夫婦マンネリ防止シール」も公開しており、仲良くする秘訣なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク




夫の仕事や出会いは?

 

夫の仕事出会いについては全く明かされていません

音楽関係の仕事を通じての出会いかと想像されますが、北海道出身ということしか情報は無く、仕事は分かりません。

 

 

 

鬼束ちひろさんといえば、「ぷっつん」ね一面がありその言動や行動が度々話題になっていました。

 

その原因として上がるのは、男性からの暴力でケガを負い、男性は逮捕されるという事件がありました。

その後、風貌が一変したとも言われています。

 

風貌もデビュー当時の清楚な印象は無くなり、ハードロッカーのような雰囲気を拝見することも多くなりました。

 

 

一番変化していた頃

 

 

アー写ジャケ写のオフショット(^_^)男前な。。。疑惑発覚🐀ねずみ!!!

鬼束ちひろさん(@onitsukachihiro)がシェアした投稿 –

↑これは最近の鬼束ちひろさん

 

夫と出会う前の2012年にはツイッターで

 

「あ~和田アキコ殺してえ。」「なんとか紳助も殺してえ。」

 

とツイートし即削除、事務所が謝罪するという騒動もありました。

 

 

しかし、夫と結婚したころに時期が重なりますが、バラエティ番組に出演時にはもとの美しい女性に戻っており、マツコさんからもいい女になったと声をかけられています。

 

自ら、

 

「恋愛もするし、家族も健康だし」

「(恋愛に対する質問に対し)ヒミツです」

「ドラッグ・クイーンみたいな格好していても、今の私でも、好きって言ってくれる人が好き」

 

 

 

と、ニヤニヤが止まらない様子でしたが、その相手が現在の夫だったのかもしれませんね。

 

その時の幸せそうな画像がこちら

 

気持ちの荒れも、現在の夫がやさしく包んでいるのかもしれません。

人妻となった鬼束ちひろの今後の活動にも注目したいところです。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!