関東学連が日大アメフト部の出場停止継続した理由は田中理事長?学生はゴミ拾い『奉仕活動』処分解除はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日大アメフト部の悪質タックル問題で、第三者委員会の最終報告書を受けて関東学連が、日大アメフト部の出場停止継続を発表しました。

その処分となった理由を確認します。

 

 

スポンサーリンク




関東学連、日大アメフト部出場停止継続を発表

 

一連の日大アメフト部の悪質タックル問題で、関東学連(関東学生アメフト連盟)は理事会開催の結果、日大アメフト部の出場資格停止継続することを発表しました。

 

アメフト部の学生たちには可哀想の一言しかありませんが、やむを得ない判断だと感じています。

 

日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、関東学生アメフト連盟は31日、東京都内で理事会を開き、日大に科した2018年度の公式試合の出場資格停止処分を継続する決定を下し、発表した。日大は8月末開幕の関東大学リーグに参加できなくなった。

関東学連は抜本的なチーム改革や再発防止策の実施などを条件に、理事会が承認すれば処分を解く方針を示していた。日大アメフト部は17日に再発防止案などをまとめた報告書を関東学連に提出。関東学連は筑波大学長や弁護士ら5人で構成する検証委員会で内容を精査したが、処分解除を見送った。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

 

関東学連のこの結果は、7月30日の第三者委員会の結果を受けてのものであることは間違いありませんが、具体的にどの点が処分解除に適さなかったのかを検証する必要があるでしょう。

 

 

処分が解除されずに継続された理由は田中理事長?

 

今回、関東学連は日大の第三者委員会が、

 

田中英壽理事長に対して、「説明責任を果たしていない」と指摘したことが処分解除に至らなかった最大の原因ではないかと推測されます。

 

田中理事長は、かれこれこの問題が2カ月以上尾を引いているにもかかわらず、まるで他人事のようにマスコミから逃げています。

 

 

最終報告書を受けての臨時理事会でも会見をしないことを明言しており、関東学連の判断は妥当であることが誰に目から見ても明らかと言えるでしょう。

 

一方、内田監督や井上コーチは解任され、アメフト部の学生たちは地域貢献として街のゴミ拾いをするなど、田中理事長意外の関係者は一定の処分や反省を形として表しています。

 

なおさら、田中理事長の不誠実な面が浮き彫りとなったことが分かります。

 

 

 

スポンサーリンク




処分解除はいつ?

 

それでは、日大アメフト部の処分解除はいつになるのか。

 

そんな疑問が頭をよぎりますね。

 

結論としては、田中理事長が誠意ある対応をみせてから、であると考えられます。

 

 

元々はアメフト部の問題ではありましたが、時間が経つにつれ日大という巨大組織の体質問題へ発展し、その体質が改善されなければ、組織の末端である一般学生たちや指導に当たる教師やコーチたちもスポーツマンシップにのっとったアメフトはできないでしょう。

 

第三者委員会も関東学連もそこを注視しているにもかかわらず、たった一人の田中理事長の行動一つで良い方向に転ばないのは教育をつかさどる大学としてはいかがなものなのかと疑問です。

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!