【伊賀市】道路を横切りパトカーにはねられた小学生が見に行っていた花火大会と事故の場所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県伊賀市で小学生(2年生)の男子児童パトカーにはねられる事故が発生しました。

見に来ていた近くの花火大会や事故があった場所はどこなのか確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




花火客小学生がパトカーにはねられる事故!

 

三重県伊賀市で花火大会を見に来ていた、小学生がパトカーにはねられる事故が起きました。

小学生は母親と一緒だったようですが、横断歩道のない車道を横切ったそうです。

 

31日午後8時25分ごろ、三重県伊賀市川合の県道で、市内に住む小学2年の男子児童(7)が、伊賀署地域課の男性署員(53)が運転するパトカーにはねられ、左足を骨折する重傷を負った。

署によると、現場は片側1車線の直線道路で横断歩道はなく、男子児童は道路を横切ろうとしていた。男子児童は母と一緒に、近くであった花火大会を見に来ており、男性署員は他の署員とともにパトカーに乗って警備中だったという。

伊賀署の三国悦夫副署長は「けがをされた方には一日も早い回復を祈っています。適切な対応をし、事故防止に努めます」とコメントした。

<引用元:朝日新聞>

 

夜暗い中での横断歩道のない場所の黄疸ということで、パトカーの不注意も可能性としてはあるかもしれませんが、交通法規を守らなかった小学生そして、その母親にも責任はありそうですね。

 

遠回りでも横断歩道を渡りましょう。

 

 

見に行っていた花火大会は?

 

事故にあった小学生は近くの花火大会を見に行っていたとされています。

 

伊賀市で該当する花火大会というと、宵宮・奉納花火が該当しそうです。

 


陽夫多神社で行われるこの祭りは、翌日の本祭前に毎年7月31日に打ち上げ花火を行っています。

 

地図で確認する限りは、田舎道のようにも思えますが、割と田舎道は横断歩道や信号機が少なく、放棄を守らず横断することは多い気がします。

 

せっかくの花火大会だったのに残念でしょう。

 

スポンサーリンク




事故があった場所とけがは?

 

事故は、市立阿山小学校から南東約800メートルの直線道路とされています。

 

自宅の上友田からは少し離れていますので、花火のあった神社からは離れた位置に車を停めていたのかもしてません。

 

 

阿山小学校からの位置関係からすると、下記は正確な位置ではありませんが該当する県道の直線道路はあります。

 

 

周りには店舗なども少なく薄暗かったことが予想されます。

 

小学生男児は左足関節の骨折など全治約1か月の重傷だということです。

 

2学期までには関知しないかもしれませんがしっかり治していってほしいですね。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!