【自身は離婚】谷川とむ同性愛は『趣味みたいなもの』。元嫁・吉羽美華とはDV裁判、子供の親権を兄夫婦?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自民党の議員・谷川とむ氏がAbemaTVで、同性愛を念頭に『趣味みたいなもの』と発言しています。

谷川とむ議員の結婚・離婚、元嫁、子供について確認します。

 

 

スポンサーリンク




谷川とむ『(同性愛は)趣味みたいなもの』

 

自民党の杉田水脈議員の「生産性」発言と同義とも考えられる発言が、同じく自民党の谷川とむ議員から出ました。

LGBTについてはなかなか理解が深まっていかない現状はありますが、国会議員が放送の中でこのような発言をするのはいかがなものでしょうか。

 

 

自民党の谷川とむ衆院議員(42)=比例近畿、当選2回=が7月29日のインターネット放送で、同性婚のための法整備は不要との見解を示す中で、同性愛を念頭に「『趣味』みたいなもの」と発言した。同性カップルをめぐる杉田水脈(みお)衆院議員の主張に批判が高まるなか、同性愛者への無理解な発言が続いた形だ。

谷川氏が出演したのはネットテレビ「Abema(アベマ)TV」の討論番組。作家の乙武洋匡さんが同性婚や夫婦別姓を認めない政府に疑問を呈したのに対し、谷川氏は「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。『趣味』みたいなもので」と述べた。

自民党は2016年作成の党内啓発用のパンフレットで、性的少数者について「本人の意思や趣味・嗜好(しこう)の問題との誤解が広まっている」と注意している。

谷川氏はさらに、異性間だけに婚姻制度がある理由について「『伝統的な家族』のあり方は、男が女と結婚し、子を授かって、家族ができ、大昔から同じようなことをして、国を衰退させないように、国が滅びないようにしてきた」とも主張した。続けて「男が男だけ、女が女だけ好きになるとなったら、多分この国は……」と言いかける場面もあった。

共演していたSEALDs(シールズ)元メンバーの諏訪原健さんは取材に対し、「国家の維持や繁栄に必要ないものに対し、政治は何もしなくてよいという発想。子どもをつくらない同性カップルは生産性がない、と主張した杉田氏の価値観に通じている」と批判した。

谷川氏は1日、7月31日の朝日新聞の取材に書面で回答。「LGBTの方々を差別するつもりもなく、多様性を認めていないわけでもありません」とした上で、「申し上げたかったのは、(婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立すると定めた)憲法24条により現状では同性婚の容認は困難であるということ」と釈明した。朝日新聞は、党見解との食い違いや、杉田氏の寄稿との価値観の共通性について質問したが、それへの回答はなかった。

<引用元:毎日新聞>

 

日本国内においては、同性愛者を含め、LGBTの方々への根強い偏見が残っていることは誰もが認めるところでしょう。

 

世界的にLGBTへの理解を深めていく動きがある中、谷川とむ議員が私見とはいえ、このような発言をすることは、LGBTの方々を気づ付けてしまうことは間違いありません。

 

 

先日の杉田水脈議員の「生産性がない」とほぼ同義の発言と考えます。

 

 

谷川とむ議員の経歴・プロフィール

 

生年月日: 1976年4月27日(42歳)
出生地 :日本の旗 兵庫県尼崎市
出身校: 東海大学 大阪大学大学院
前職 :参議院議員秘書
現職: 僧侶

 

谷川とむ議員は、元俳優、浄土真宗本願寺派万徳寺僧侶、という異色の経歴の持ち主です。

 

父親は、元参議院議員・谷川秀善氏で、父親の秘書を務めて、政治の世界に飛び込んでいます。

いわゆる二世議員です。

 

2014年の衆議院議員選挙で大阪で出馬し、比例復活初当選しています。

 

 

これまでに、

 

  • 女性宮家に反対
  • 選択的夫婦別姓制度導入に「どちらかと言えば反対」

 

など、男女が関わる関連制度には反対することが多く、昔ながらの制度の維持にこだわりがあるように感じます。

 

これも僧侶という職業が関係しているせいなのでしょうか。

 

スポンサーリンク




谷川とむ自身の結婚・離婚や嫁は?

 

谷川とむ議員は初当選を果たした直後の2014年11月1日に、吉羽美華さん(現・希望の党)と結婚したと自身のブログで報告しています。

 

盛大な結婚式と披露宴を公開していましたが、2016年9月頃離婚をしています。

 

 

 

その離婚の理由がDVであったと言われています。

 

「言葉や経済の問題でのDV」

 

と主張するしている一方

 

「彼女に手をあげたことも不貞行為も一度もない」

「お金はまとめて渡していたし、クレジットカードも自由に使ってもらっていた」

 

と谷川とむ氏は真っ向否定する始末。

 

吉羽美華さんがDVで提訴したことから泥沼裁判となっていくのですが、その極めつけは親権問題でした。

 

「自分は議員として忙しく、子育てはできない。だから貴女も、政治活動するなら、子育ては出来ないでしょう。兄夫婦に子どもがないから、兄夫婦の子にします。だから親権譲ってほしい」

 

ともはや理解不能。

 

DVをしたとされているにもかかわらず、子供の親権を要求し、しかも忙しくて育てられないから谷川氏の兄夫婦に親権を渡すと言っていたようです。

 

自分の子供を兄夫婦に養子に出すということのようです。

 

これについては吉羽美華さんのブログにも紹介されています。

 

ブログ

 

 

考え方が一般人とはすこしずれているような雰囲気もします。

 

そう考えると、同性愛の発言についても”特殊な考え方”だと、思われますので視聴者としては流した方がいい意見かもしれません。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!