【重傷】早川清容疑者(JALエンジニアリング)が殴った金属製の杖と顔画像は?道を譲った心優しき女子高生は骨折。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

JALエンジニアリング早川清容疑者が道を譲ってくれた心優しい女子高生の顔をで殴ったとして逮捕されました。

早川清容疑者の顔画像と現場の画像と、金属製の杖を確認します。

 

 

スポンサーリンク




道を譲った女子高生の顔を杖で殴り骨折させる!

 

体が不自由な方に道を譲った心優しい女子高生の顔を杖で殴り骨折させるという、何とも酷い事件が発生しました。

JALエンジニアリングの社員だということですが、どんな気持ちになればそのような犯行に及べるのでしょうか。


東京のJR国立駅で、金属製の杖(つえ)で女子高校生の顔を殴り、鼻を折る重傷を負わせたとして日本航空の子会社の社員が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのはJALエンジニアリングの社員・早川清容疑者(56)で、今年6月、JR国立駅の構内で女子高校生の顔を金属製の杖で殴り、鼻の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれています。早川容疑者は左半身に障害があり、普段から杖をついていて、女子高校生は「道を譲ろうとしたら叩かれた」と話しているということです。

早川容疑者が杖を振り回す様子が駅の防犯カメラに映っていたということですが、取り調べに対し、「杖を前に出しただけ」と容疑を否認しています。
<引用元:TBSニュース>

 

 

早川清容疑者は不自由があったということで、身体的な弱者と言えそうですが、親切にされることが気に入らなかったのでしょうか?

このような事件が起きてしまうと、教育の中で、人に親切に、とは教えられなくなりますね。
 

 

 

犯行の場所と早川清容疑者の顔画像は?

 

犯行が行われたのは JR国立駅の構内とされています。


 

人通りもある程度ありそうな構内での犯行ということで、女子高生、または親切行為に対して何らかのよう気に入らない気持ちが、犯行の動機になったと考えられますが、なかなか理解に苦しみます。
既にテレビのニュース映像では早川清容疑者顔画像は公開されています(薄暗くて分かりづらいですが)

 

 

こちらです↓

 

 

早川清容疑者はJALの子会社である『JALエンジニアリング』に勤務しています。

 

JALエンジニアリングは、JALグループの機材全般の点検・整備を行う日本航空の子会社です。

 

JALエンジニアリングの企業理念には

 

  • お客様に安心と満足をお届けします
  • 誠実さと思いやりのある誇り高い技術者であり続けます

 

と掲載されており、早川清容疑者の犯行でこの理念も信頼性が失われてしまうことは間違いありません。

 

また、国立駅付近では同様の被害が複数報告されているようですので、余罪の可能性も否定できません。

 

 

仮に余罪がるとしたら、不自由な体でよくこんな犯行が起こせるなと不思議でなりません。

 

 

スポンサーリンク




金属製の杖はどれ?

 

今回、早川清容疑者が犯行に使用したのは、金属性の杖とされてます。

 

歩行の補助具ですが、これで女子高生の顔を骨折するほどの強さで殴ったということです。

 

一般的に足が不自由な方が使用する杖はこのような杖になるかと思います。

 

杖の画像

 

杖の画像

 

具体的な杖は明らかにされていませんが、金属製であれば多少重みもあるでしょうから、殴打に利用すると破壊力はありそうです。

 

 

早川清容疑者のような人物が障害者の居場所をせまくしたり、偏見を強くしていく原因になりそうです。

 

被害を受けた女子高生には一日も早くケガの具合が良くなるように祈りたいと思います。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!