【事故】小谷哲也容疑者が2歳男児をはねて死亡。顔画像と現場の場所は?いたばし花火大会の見物後か(2018.8.5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小谷哲也容疑者が運転する大型バイクが花火大会後の2歳男児をはねて死亡させる事故が発生しました。

小谷哲也容疑者の顔画像や、事故の場所画像で確認します。

 

 

スポンサーリンク




花火大会後の2歳男児をはねて死亡

 

夏休みの楽しい思い出の花火大会後に、死亡事故が発生しました。

川崎市から東京・板橋区に花火大会見物に来ていた2歳男児が犠牲になりました。

 

 

5日午後9時45分ごろ、東京都板橋区東坂下の環状8号線路上で、埼玉県川越市的場の男児(2)が大型バイクにはねられ、約1時間後に搬送先の病院で死亡した。

警視庁志村署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、東京都北区赤羽の自営業、小谷哲也容疑者(49)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

同署によると、現場は片側2車線の直線道路。男児は板橋区内で開催された花火大会後、家族で食事をして駐車場へ向かう途中だった。調べに対し、小谷容疑者は「子供が出てきて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。同署は容疑を同法違反(過失運転致死)に切り替えて詳しい事故の状況を捜査する。

<引用元:産経ニュース>

 

 

花火大会はどの大会に限らず、人通りが多くなり、特に幼い子供の飛び出し等は可能性が高くなります。

親が目を離したすきだったのか、子供は反射材を身に付けていたのか、横断歩道だったのか、などさまざまな疑問点はありますが、体が小さくしかも夜ということで小谷哲也容疑者側の認識も困難な状況が重なっていたように思います。

 

 

小谷哲也容疑者の顔画像は?

 

大型バイクを運転していた小谷哲也容疑者は東京都北区赤羽の自営業の男性です。

 

 

 

フェイスブックやツイッターで「小谷哲也」と検索すると、同名のアカウントはありますが、今回の容疑者と明らかに同一人物と特定できるアカウントは確認できません。

 

今後ニュース映像などで顔画像が公開されるのを待つしかなさそうです。

 

 

 

スポンサーリンク




事故のあった場所と、見物していた花火大会は?

 

2歳男児が家族と見物に来ていた花火大会は板橋区内で行われていた催し物です。

 

8月4日に行われていた者としては、『第59回いたばし花火大会』が該当します。

この花火大会は荒川河川敷で開催されており、事故現場とも近いことがわかります。

 

 

また、事故があったのは東京都板橋区東坂下の環状8号線路上とされています。

 

 

ニュース映像などから判断すると、レストランとんでんの前の路上だと思われます。

 

 

 

せっかくの花火大会が悲しい思い出になったことは家族にとっても悲しすぎすことは言うまでもありません。

 

男児のご冥福をお祈りします。
トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!