【ボクシング】山根明会長が辞任発表。理由は再婚の嫁の一押し?理事としては残る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本ボクシング連盟の山根明会長が、会見を開き、会長を辞任することを明らかにしました。

辞任の理由について、確認します。

また、辞任会見で口にした、再婚の嫁について確認します。

 

 

スポンサーリンク




山根明会長が辞任


 

日本ボクシング連盟の山根明会長が、一連の助成金問題や反社会組織との交流があったことを受けて、会見を開きました。

 

その中でついに辞任することを発表しました。

 

 


選手への助成金の不正流用や暴力団元組長との交際が明るみに出た日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で取材に応じ、会長を辞任する考えを表明した。助成金流用に加え、暴力団元組長との交友関係を自ら認めたことが決定打となり、辞任は不可避な情勢だった。スポーツ庁の鈴木大地長官らからも辞任を求められていた。

判定への不当な介入などの告発を受けた一連の疑惑を受け、日本連盟は7日に大阪市内で緊急理事会を開き、今後の組織運営などの対応を議論した。身内の理事からも辞任を求める動きもあったが、最終的には山根会長の進退は本人に一任することを決めていた。理事会後、山根会長は反社会的勢力と交友関係にあったことを改めて認めたうえで「私の生涯、男としてのけじめを話すので、ちょっと時間をください」と述べ、家族などに相談した上で、8日に結論を明らかにする意向を示していた。

<引用元:毎日新聞>

 

山根明会長は7日に開かれた、緊急理事会を受けての決断だと思われます。

 

ただ、理事会ではなぜか進退を山根明会長に一任するという謎の珍事も発生しており、世間からは”一任したら辞めるわけがない”と、一人という手段に不満の声も上がっていました。

しかし、自身の口から辞任を発表したわけですが、理事会で理事らが『男・山根明』の性格を利用して、花道をお膳立てすることで、うまく導いたという見方も出来そうです。

もし、そうだとしたら、山根明会長はうまく乗せられたということになりそうです。

 

辞任の理由は?

 

山根明会長はあらゆるインタビューで辞任はしないことを断言していました。

 

男・山根明の『花道』と称され、一般人の我々とはかけ離れた考えぶりに「山根明劇場」とも言われていました。

それが一転、辞任することになった理由は、前述のように理事らに説得されたことと、後述の嫁の存在がありそうです。

 

約3時間にわたる理事会のうち、大半は山根明会長についての話だったようです。

会議の冒頭、激怒したということですが、理事らの「会長に一任」という展開に心が揺さぶられたのではないでしょうか。

ただ、あくまでも会見で語った辞任は、会長職の辞任であり、理事や正会員としては残る可能性はまだ残されています

山根明会長がどうしていくのか、今後も注目する必要がありそうです。

スポンサーリンク




再婚の嫁の言葉で決断?

 

会見で、
 

「私は家に戻って我が嫁に当たる今現在再婚をしている嫁に先に相談し辞任をしたいといいました。『私はどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒を見るから今は楽になって下さい』と言われたので決意しました」

 

と語りました。

つまり、最後の一押しは再婚の嫁であるということでしょう。

 

山根明会長は、これまで、嫁とはすでに離婚しその元嫁との間に子供がいたことは知られていましたが、この発言で再婚の嫁がいることが明らかになった格好です。

この再婚の嫁については名前や画像は明らかになっていません。

しかし、自身の夫を「会長」と呼ぶあたり、夫婦とはいえ、力関係が垣間見えるような気がしますね。

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!