【富田林署】樋田淳也容疑者が逃走時に接見していた弁護士は誰?身長や服装、顔画像、潜伏先を確認!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪・富田林署に留置されていた、樋田淳也容疑者が弁護士との接見中に逃走しました。

接見していた弁護士を確認します。

現在、緊急手配となっており、顔画像身長服装潜伏先を確認します。

 

 

スポンサーリンク




樋田淳也容疑者が富田林署から逃走!

 

またしても犯人の逃走がありました。

大阪の富田林署から樋田淳也容疑者が弁護士との接見中に逃走を図ったようです。

 

 

 

大阪府警は13日、富田林署で留置中だった住居不定、無職の樋田淳也容疑者(30)が逃走したと発表した。弁護士との接見のために面会室に入った後に行方がわからなくなったといい、加重逃走容疑で捜査している。樋田容疑者は強制性交や窃盗の疑いで逮捕されており、6月15日から同署で留置されていた。

富田林署によると、樋田容疑者は12日午後7時半ごろ、弁護士との接見のため2階の面会室に入室。しかし午後9時45分ごろになっても樋田容疑者が出てこないため署員が中に入ったところ誰もおらず、接見する人物を隔てるアクリル板がずらされていた。このすき間から逃げたとみられる。

通常、接見の際には面会室まで署員が付き添い、入室すると外から鍵がかけられる。通常接見する人は署の受付には立ち寄るが、退出の際に特に手続きはなく、この日の接見がいつ終わったかは不明という。

樋田容疑者は身長163センチの中肉。黒い長髪、左腕に手術痕があり、左ふくらはぎには動物の入れ墨がある。黒色長袖ジャージー姿で、中に黒色長袖シャツ、灰色のスウェットズボンをはいていたという。

<引用元:朝日新聞>

 

 

容疑者の逃走といえば、平尾龍磨受刑者の逃走が記憶に新しいところです。

 

>>平尾龍磨脱走受刑者が身柄確保された場所と服装や髪型は?カープ戦の近くにいた?

 

強制性交や窃盗などの容疑でありますが、逃走中は品人も必死になりますので、さらに犯罪を重ねる可能性があります。

 

 

【追記】

 

樋田淳也容疑者が山口県周南市で身柄確保されました。

 

>>【身柄確保】樋田淳也(富田林逃走犯)が山口県で身柄確保された時の画像や場所、服装は?確保の決め手は通報?

 

 

接見していた弁護士は誰?

 

状況を確認する限り、樋田淳也容疑者は弁護士と2人きりの密室だったわけですから、当然、この接見中だった弁護士が状況を知るはずです。

 

現在までに、この弁護士の名前や顔画像は明らかになっていません

 

想像する範囲では、

 

  • 大阪で活動する弁護士
  • 窃盗や性交犯罪を専門とする弁護士

 

である可能性は高そうです。

 

樋田淳也容疑者にとっては自身の罪を弁護で守ってくれる味方と言えます。

 

アクリル板を外すのはそんなに一瞬ではできないはずですが、なぜ署員に連絡しなかったのかも非常に怪しく感じます

考えたくはないですが、仮に、逃走の手助けをしたとすれば、この弁護士にも罪が科せられるでしょう

 

 

この弁護士に関連して富田林署によると、

 

・面会室につながる前室には午後5時45分まで署員が常駐

・同時間帯以降は一般人の接見はなく、弁護士しか来ないため、署員は前室に詰めなくていいことになっている

・樋田容疑者と弁護士との接見はこの日午後7時半から始まっており、前室に署員はいなかった

・弁護士には面会が終われば知らせてほしいと頼んでいたが、そのまま帰ってしまっていた

<引用元:産経新聞>

 

弁護士が帰った後、しばらく容疑者は一人の時間帯があったとも考えられます。

しっかり脱走の仕方を探ることができていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク




樋田淳也容疑者の特徴(顔画像、身長、服装)や潜伏先は?

 

樋田淳也容疑者が逃走した富田林署の場所はこちらです。



逃走時の特徴

 

  • 身長163センチの中肉
  • 黒い長髪
  • 左腕に手術痕
  • 左ふくらはぎには動物の入れ墨
  • 黒色長袖ジャージー姿・中に黒色長袖シャツ・灰色のスウェットズボン

 

と明らかにされています。

 

しかし、この時期ですし、服装は変えている可能性が高いです。

 

また、ロン毛も短く切っている可能性もありますので注意が必要です。

 

 

過去には複数の犯罪を繰り返しています。

 

  • 5月上旬:ひったくり
  • 5月上旬:放火事件
  • 5月24日:女性のカバンをひったくり
  • 5月25日:女性に性的暴行
  • 5月25日:盗品保管
  • 6月:女性に性的暴行
  • 8月8日:強制性交未遂

 

 

また、潜伏先は複数考えられますが、前述の平尾受刑者は空き家に身を潜めていましたので、近くに空き家のある方は十分に気を付けましょう。

また、実家や自宅に戻る可能性もあります。

 

不審な人物や似た人物を目撃したらすぐに通報しましょう。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 五郎八 より:

    弁護士が一番怪しい、弁護士を任意同行させて締め上げろ

コメントを残す

*

error: Content is protected !!