【感動】藤本理稀ちゃん発見ボランティア男性・尾畠春夫さんは誰?警察に『だめです!』母親に手渡し約束に涙が止まらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山口県で、行方不明となっていた藤本理稀(よしき)ちゃんが無事保護されました。

藤本理稀(よしき)ちゃんを発見したボランティア男性・尾畠春夫さんについて確認します。

 

 

スポンサーリンク




藤本理稀ちゃんを無事保護

 

山口県行方不明になっていた2歳の藤本理稀ちゃんが無事保護されたというニュースで胸をなでおろした方は多いのではないでしょうか。

 

行方不明になってから2日以上経過していたので、正直、もうダメかとあきらめかけていた方もいらっしゃるかと思いますが、子供の生命力は素晴らしいですね。

 

 

山口県周防大島町で12日から行方不明になっていた2歳の男の子が15日午前7時ごろ、発見・保護されました。

無事、保護されたのは山口県防府市の藤本理稀ちゃんです。理稀ちゃんは周防大島町の親戚の家に家族で帰省中の12日から行方が分からなくなり、警察や消防などが捜索を続けていました。理稀ちゃんは15日午前7時ごろ、大分県から来た70代の捜索ボランティアの男性によって発見されました。男性が親戚の家から北に700メートルほど離れた山で「理稀君」と名前を呼びながら捜していたところ、「僕、ここ」という返事が聞こえて沢にしゃがんでいる理稀ちゃんを発見しました。理稀ちゃんは病院へ搬送されましたが、命に別状はないということです

<引用元:テレ朝ニュース>

 

理稀ちゃんの生存にはいくつもの奇跡が重なったとされていますが、何と言っても警察や消防ではなく、一般のボランティアの男性が発見したというのが大きな奇跡の一つではないでしょうか。

 

 

 

発見したボランティアの尾畠春夫さんとは誰?

 

発見した男性は、ボランティアで捜索していた尾畠春夫さんという78歳の男性です。

 

ハチマキ姿でインタビューに答える姿が印象的ですね。

 

 

この男性は、警察・消防でもなければ、親族でもありません。

大分県から藤本理稀ちゃん捜索のために14日の午後に訪れていたということで、本当に世の中まだまだ捨てたものじゃないなと感じます。

 

 

 

発見後のインタビューでは

 

  • 早朝から、男児の名前を呼びながら、山を登って探した
  • 「おいちゃん、ここ!」と声がした
  • 確かに探していた男児で、心臓が止まりそうな思いだった
  • 名前を呼んだら「ハイ」
  • (差し出したアメを)それをすぐに口に入れてガリガリかんだ、その様子を見て「これは大丈夫だ!」と思った
  •  上に上がるのが子どもの習性と思っていた。
  • 私がお手伝いできるなら、させてもらいたい。
  • 「おいちゃん、ここ!」と言われた時には、うれしかった
  • 家族やおじいちゃんに、見つけたら必ず抱きしめて直に渡す、と約束していた
  • 発見後、警察が渡せ、と言ったが「だめです!」と言った、家族に手渡しすると約束したから。おまわりさんに罰を受けても手渡しで渡そうと思った
  • もうお母さん、声が出なかった
  • バスタオルとって子どもの顔を見せたときの、お母さんの嬉しい顔は一生離れない

 

と、どこまで良い方なんでしょう。

 

家族との約束を守ったところは涙が出そうです。

 

もちろんボランティアなので謝礼などは無いわけですが、せめて感謝状を渡したいですね。

 

スポンサーリンク




ボランティア歴は?『師匠』と呼ばれる存在

 

尾畠春夫さんはインタビューで過去に『大分県で2歳女児が行方不明になって翌朝に見つけた経緯があった』とも語っています。

 

これは2016年に発生した女児行方不明のことを指しているようです。

 

また、過去には様々な活動をしているボランティアの神のような方のようです。

 

  • 由布岳の登山道の整備
  • 新潟県中越地震の被災地でボランティア活動
  • 東日本大震災・南三陸町でボランティア
  • 熊本地震でもボランティア

 

東日本大震災の時には的確な指示や行動で、『師匠』と呼ばれていたようです。

 

男児のお母さんやおばあちゃんと話した。

別れた場所を聞いたら、絶対この道を子どもが上に上がっている、と思った。

自分は、昼飯も水も持ってきている。人の命は重い。高齢者でも若くても、命はその人しかもっていないもの。

 

思いはあっても実際に行動に移せない方が大半だと思いますが、何の戸惑いもなく人を救う活動に一歩踏み出せるこの方は尊敬に値しますね。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!