【1コン2コン・サンコン!】北山みつきがサンコン3人目の妻としてギニア国籍で結婚!元旦那や他の2人の妻の画像は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ギニア出身の外国人タレント、オスマンサンコンさんと、グラビア演歌歌手の北山みつきさんが結婚することが明らかになりました。

一夫多妻制のギニアの他のや、北山みつきさんの元旦那画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




北山みつきとオスマンサンコン結婚

 

ギニア出身の外国人タレントのオスマンサンコンさん。

最近はテレビで見かけることも少なくなりましたが、しっかりと出会いで愛を育んでいたようです。

 

グラビア演歌歌手として知られる北山みつきさんと約1年半の交際を経て2018年10月に結婚することが明らかになりました。

 

 

ギニア出身のタレント、オスマン・サンコン(69)が、グラビア演歌歌手の北山みつき(50)と10月に結婚することが18日、分かった。ギニアは一夫多妻制でサンコンはほかに2人の妻がおり、北山は第3夫人となる。

関係者によると、2人は約3年前に知人との食事会で知り合い、約1年半前から交際。互いの人間性にひかれ、結婚を決意した。

ギニアでは4人まで妻が認められているが、国際結婚の場合は多重婚にあたるため、北山がギニア国籍を取得することが必要となった。現在、申請しており、手続きが終了する10月に挙式する予定という。2人はすでに同居している。

北山は昨年7月、2度の結婚、離婚を経て独身であることをブログで報告。「次の結婚の相手は、女性もしくは、外国人にしたいです」と心境をつづっていた。子供はいない。

北山のインスタグラムでは、昨年4月にサンコンが旭日双光章を受章した際の様子など、仲むつまじい2ショット写真を何度も紹介していた。今年5月には、北山の地元・神奈川県藤沢市の小学校を2人で訪れ、不要になったランドセルを集めてアフリカの子供たちに送る活動を行うなど、公私にわたって密な時間を過ごしてきた。

<引用元:スポーツ報知>

 

 

北山みつきさんとオスマンサンコンさんの結婚は上記記事の通り国際結婚ではなく、北山みつきさんがギニア国籍を取得しての結婚となります。

 

一般的な日本人女性なら、一人の旦那を自分だけのものにしたいと願っていることが多いかとは思いますが、一夫多妻制とはいえ、3人目であったとしてもギニア国籍を取得してでも結婚するとは、よほどオスマンサンコンさんにメロメロになってしまったのでしょう。

 

ただ、オスマンサンコンさんは現在69歳、北山みつきさんは50歳と子供を作ることは難しそうですね。

 

オスマンサンコンの他の二人の妻は?

 

ギニア共和国は現在も一夫多妻制となっており、オスマンサンコンさんには北山みつきさんより先に結婚した2人の妻がいます。

離婚した妻も実はいらっしゃいます。

 

最初に結婚したのは日本人の妻で喜美子さんという女性です。

既に離婚はされていますが、子供(長男)が一人いらっしゃいます。

 

自身の足が不自由なことから、長男には医者を目指してもらいたかったようですが、長男はDJになっています。

活動名は『DJヨンコン』、現在はタレントを目指すためDJはやめて『ヨンコン勇』となっています。

 

離婚後は現在の2人の妻と結婚します。

 

1人目はギニア人の妻、2人目の妻については全く不明です。

ただ一夫多妻制での妻ですので、2人目の妻についてもギニア国籍の妻であることは間違いありません。

 

いずれの妻も画像や名前は確認できません

 

そして3人目の妻が北山みつきさんということになります。

一夫多妻制で生活しているサンコンさんにとっては、新たな女性と恋に落ち、結婚することはまったく抵抗はないのでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク




北山みつきの元旦那は?

 

北山みつきさんは自身のブログで、過去に2度の結婚を経ていることを明かしています。

 

一人の元旦那は全く不明ですが、もう一人の旦那ファンの男性だったということです。

しかも、結婚の条件は「一生別居」という謎の条件付きであったことをテレビ番組『深イイ話』で明かしています。

この2人の夫の画像は公開されていません。

 

 

バツ2になるわけですが、

 

「次の結婚の相手は、女性もしくは、外国人にしたいです」

 

と語っていたことから、サンコンさんがぴたりと当てはまったのでしょう。

むしろ日本人男性の方が合わなかったのかもしれません。

 

サンコンさんがギニアに帰ったとしても、「一生別居」を望む北山みつきさんにとっては好都合なのかもしれません。

 

いずれにしても末永くお幸せにしてほしいですね。

 


 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!