【画像】樋田淳也(富田林逃走犯)が山口県で身柄確保された時の日焼け画像や場所、服装は?確保の決め手は通報?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪・富田林署に勾留中に逃走した樋田淳也容疑者が遂に身柄確保されたというニュースが飛び込んできました。

身柄確保(捕まった)際の、画像場所服装を確認します。

 

 

 

 

スポンサーリンク




富田林逃走犯・樋田淳也の身柄確保

8月12日に大阪・富田林署で弁護士との接見後に逃走を図った、樋田淳也容疑者。

 

>>【富田林署】樋田淳也容疑者が逃走時に接見していた弁護士は誰?身長や服装、顔画像、潜伏先を確認!

 

逃走から一ヶ月半(48日間)経過しついに、身柄確保されたという情報が入ってきました。

 

 

現在までに分かっている情報はまだ少ないですが、とりあえず、大阪にお住いの方々はほっと一安心していると頃ではないでしょうか。

 

強姦など、凶悪事件で複数回逮捕歴があるうえに、逃走中もひったくりを繰り返していたといわれていますので、今度は逃走されないように厳重に身柄管理をしてほしいものです。

 

 

身柄確保された場所と画像、服装は?

 

速報レベルの情報では、樋田淳也容疑者は山口県周南市内で身柄確保されたとのNHK速報です。

 

大阪府警によると、足の裏にある刺青が一致している模様で、樋田淳也容疑者に間違いないものと思われます。

 

しかも、逃走中の容疑者を追跡して確保や、市民からの通報で確保したわけでなく、9月29日にまさかの万引きで警察官に取り押さえられたとのことです。

 

食料や逃走に必要なものを万引きしていた可能性が高そうですね。

 

確保後に、樋田淳也容疑者に似ていると言うことで現在本人を確認中で、確認が取れ次第逮捕となります。

 

大阪から山口までどのような手段で逃走していたのか今後、警察の取り調べが開始されるものと思われます。

 

連行される画像が公開されるのを待ちたいと思います。

 

【追記】

 

樋田淳也容疑者が本人と確認され逮捕されました。

 

逮捕時の服装は

 

  • 坊主頭(すこし伸びたくらい)
  • 上着は青のウィンドブレーカー
  • 黒いズボン
  • 真っ黒に日焼け

 

だということです。

 

連行時の画像がこちらです。

 

画像

 

 

スポンサーリンク




逃走中の潜伏先は?

 

樋田淳也容疑者は逃走の間、大阪府内各地を動き回りひったくりなどを繰り返してきたと言われています。

 

 

  • 12日午後8時半ごろ富田林警察署から逃走
  • 逃走直後羽曳野市内で黒い原付バイクを盗む
  • 13日の午前2時前と午前3時前に大阪市浪速区で2件のひったくり
  • さらに約20時間後羽曳野市と大阪市平野区で2件のひったくり
  • さらにその24時間後に、大阪市生野区でひったくり

 

とひったくりで移動手段や現金を取得し、逃走を続けていました。

 

最近は、悪友を頼りに関東へ来ているのではという情報もありましたが、山口県周南市、しかも万引きの現行犯での身柄確保となりました。

 

樋田淳也容疑者は調べによると、自転車で日本一周をしていた男性としばらく行動を共にしていたようです。

見つかった自転車(ロードバイク)にはかさや荷物がくくりつけられており、自転車で移動していたものと考えられています。

 


長期化するものと思われていただけに一安心です。

 

万引きした店と商品は何?

 

逃走の最後は、万引きしているところを取り押さえられるという、なんとも情けない幕切れでした。

身柄確保され大阪府民も安心していると思いますが、全国を震撼させた容疑者の身柄確保、逃走に疲れが見えていたのではないでしょうか。

 

そして、山口県周南市の市民にとっては、身近に凶悪逃走犯が潜んでいたことに、驚きと恐怖の気持ちを抱いているのではないでしょうか。

 

樋田淳也容疑者は、どので何を万引きしていたのかが気になります。

 

朝日新聞記事によると、

 

山口県警によると、29日午後6時半ごろ、樋田容疑者と思われる男を、山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」で万引きしたとして窃盗容疑で現行犯逮捕した。県警は入れ墨の特徴などから樋田容疑者と特定し、周南署で身柄を確保しているという。

<引用元:朝日新聞>

 

とされています。

 

ソレーネ周南はこちらです。

 


 

こちらで、

 

  • パン
  • 缶コーヒー
  • 紅茶
  • 惣菜(カツ)

 

を万引きしたところを女性私服警備員に声をかけられ連れていかれたといいます。

 

民間人の方が大きな事件に巻き込まれなかったのは幸いでしたが、逃走犯が人出の多い店に出没していたのは本当に恐怖としか言い表せません。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!