【千葉県船橋市大穴】女性が腹を刺される通り魔事件発生!事件の場所と、犯人の画像や特徴は?(2018.8.25)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千葉県船橋市女性が腹を刺される通り魔事件が発生しました。

事件の場所と、逃げた犯人画像特徴を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




千葉県船橋市で通り魔事件

 

深夜の路上で、20代女性が刺される通り魔事件が発生しました。

犯人は現在捕まっておらず、逃走中です。

 

付近の方々は十分に注意をしましょう。

 

 

25日午前0時15分ごろ、千葉県船橋市大穴南2丁目の市道を歩いていた女性から「知らない男に刺された」と110番通報があった。県警によると、20代とみられる女性が刃物のような物で腹部を刺され、市内の病院に搬送された。意識はあるという。県警は通り魔事件の可能性があるとみて殺人未遂容疑で捜査している。

県警によると、現場は一方通行の細い道路で、当時は人通りが少なかった。1人で帰宅中だった女性が正面から歩いてきた来た人物に右脇腹を刺された。相手は無言で、いきなり女性を刺して逃走した。女性は搬送時「男に刺された」「知らない人だった」などと説明したという。県警は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして、刺した人物の行方を追うほか、事件に至る経緯を調べている。

現場は新京成電鉄の滝不動駅から北東に約1キロの住宅街で、近くに市立大穴小学校などがある。

<引用元:朝日新聞>

 

 

帰宅途中とはいえ、深夜ですので、目撃者も少ないことが懸念されます。

犯人確保までは、付近での夜間の一人歩きは極力避けた方がよさそうです。

 

 

犯行が発生した場所と画像は?

 

通り魔事件が発生したのは、千葉県船橋市大穴南2丁目の市道とされています。

 

 

非常に入り組んでいる住宅街ですが、新聞報道の現場検証の画像から、こちらの場所が事件現場として該当しそうです。

 

伊藤楽器技術から寿し幸へ向かう一方通行道路の可能性が高そうです。



上記記事にもある通り、住宅街で、近くに大穴小学校もあるということで、子供たちの通学も心配なところです。

 

 

スポンサーリンク




犯人の画像や特徴は?

 

通り魔犯人は現在逃走中で逮捕されていません。

 

警察が捜索をしていると思いますが、犯人の画像などは明らかにされていません。

付近の防犯カメラ等で検証しているところでしょう。

 

被害女性の証言では

 

  • 知らない人
  • 無言で刺された

 

ということで、情報が乏しいところです。

 

とりあいずは夜間の外出を控えたり、外出の際はできるだけ一人は避けた方がよさそうです。

 

大阪では中学生が通り魔の犯人として逮捕されたばかりです。

>>【衝撃】吹田市・新聞配達員通り魔事件犯人は中学生と噂もあった。通っている中学校や顔画像は?現場の尺谷付近在住?

 

近所に犯人が潜んでいる可能性を含めて、十分に注意をお願いします。

 

 

【追記】


通り魔の犯人が逮捕されました。

 

船橋市の路上で8月、近くに住む女性会社員(25)が歩いてきた男に刺され重傷を負った事件で、船橋東署特別捜査班は3日、殺人未遂容疑で現場近くに住む自称アルバイトの男(32)を逮捕した。

逮捕容疑は8月25日午前0時15分ごろ、船橋市大穴南2の路上で、女性の背中を刃物のようなもので突き刺し、殺害しようとした疑い。容疑を認めている。

同捜査班によると、2人に面識はなかった。防犯カメラ映像などから男が浮上した。男には中度の知的障害があり、刑事責任能力の有無を調べる。

女性は徒歩で帰宅途中だった。刺された後に近くの交番に逃げ込んだが留守だったため、自ら携帯電話で「正面から歩いてきた知らない男に無言で刺された」などと110番した。

女性を刺して逃げた男は身長約170センチで、20~40代ぐらい。黒っぽいTシャツに短パン姿だったとの情報があった。女性は「(男は)丸刈りで小太りだった」と話していた。

現場は新京成線滝不動駅から東に約1キロの住宅街。県警は現場周辺に本部の捜査員や機動隊員などを投入して捜査を進め、住民らにビラを配布して情報提供を呼び掛けていた。近くには市立大穴小学校があることから、市教委が各学校に注意を呼び掛け、登下校の見守りを強化していた。

<引用元:千葉日報>

 

記事の通り、中度の知的障害があるということですが、なぜあのような凶行に至ったのか、動機の解明が待たれます。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!