【訃報】元女子プロレスラー・亜利弥(乳がんステージ4)の画像と家族は?田中将斗見舞い時にはすでに意識が無かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女子プロレスラー亜利弥ありや)さんが、乳がん闘病中でしたが、45歳の若さで死去しました。

プロレスラー時代の画像と、家族について確認します。

 

 

スポンサーリンク




元女子プロレスラー・亜利弥、死去

 

過酷なトレーニングを日々繰り返し、華々しいリングで試合を見せる女子プロレスラー

 

そんな女子プロレスラーで、乳がん闘病中だった、亜利弥ありや)さんが、45歳の若さで死去しました。

 

 

乳がん闘病中の元女子プロレスラー亜利弥(ありや、本名小山亜矢=こやま・あや)さんが8月27日、午前5時25分に死去した。45歳。「ZERO1」公式サイトが発表した。

「生前亜利弥さんが信頼してた方から、同級生で信頼をよせている田中選手が所属してるZERO1さんで、リリースして下さいと連絡がありましたので、ご報告させていただきます」と説明してから亜利弥さん知人からの知らせを原文のまま伝えた。

「乳ガンと戦った女子プロレスラー亜利弥 長い闘病生活の末、痛みに負けることなく戦い続け、今朝、8月27日、5時25分に永眠致しました。今まで、たくさんの励ましや、ご支持を賜りありがとうございました」

葬儀は本人の希望で家族葬で執り行われる。

亜利弥さんは96年、JDスター女子プロレスでデビュー。16年の自主興行発表会見で乳がんを患いステージ4であることを告白。17年4月7日に新宿FACEで引退興行を開催し、現役引退した。プロレスの師匠・ジャガー横田に木下博勝医師を引き合わせたことでも知られる。

<引用元:スポニチ>

 

 

 

リングネーム: 亜利弥
本名 :小山 亜矢
身長: 160cm
体重: 57kg
誕生日 :1973年3月8日
出身地 :和歌山県和歌山市
所属 :フリーランス
トレーナー: ジャガー横田
デビュー: 1996年

 

亜利弥さんは、美人女子プロレス団体としても人気のJDスター女子プロレスで活躍しました。

大日本プロレスやLLPWなど複数の団体を渡り歩き、プロレスだけではなく、総合格闘技(4勝11敗)にも出場するなど、貪欲なファイティングスタイルで人気でした。

 

 

また、プライベートではジャガー横田さんの愛のキューピッドになったというエピソードも残されています。

 

乳がんといえど、早すぎる死に言葉もありません。

連日の試合や練習で、早期発見ができなかったのでしょうか。

 

これまで関わってきた多くの関係者も残念なところでしょう。

 

亜利弥の画像は?

 

亜利弥さんは乳がん(ステージ4)が発覚後、闘病のためプロレスラーを引退しています。

 

2017年4月に行われた引退興行がこちらです。

 

 

余命宣告を受けた上での引退試合の決行の勇気には頭が下がります。

 

リング状でのすがすがしい笑顔が印象的ですね。

スポンサーリンク




亜利弥の家族は?

 

45歳という、一般の方であれば結婚して子供がいてもおかしくない年齢の亜利弥さん。

 

公式プロフィールなどでは、結婚したという情報はありません

 

独身であった可能性が高そうです。

 

なかなか現役中には結婚も難しい職業でしょうし、現役のさなかでのガン宣告。

本人の気持ちを考えると、やり残したことやこれからの人生のこと、いろいろと考えることはあったかもしれません。

 

 

 

記事にもあるとおり、男子プロレスラーの田中将斗選手が同級生ということで、最後の報告は田中選手が所属するZERO1での発表となりました。

 

田中選手は自身のツイッターで亡くなる前日に見舞いに言っていることをツイートしています。

意識がすでに無かったようですが田中選手の見舞いは何よりも嬉しかったのではないでしょうか。

 

田中選手は亜利弥さんの分まで、今後激しいファイトを見せてくれることでしょう。

 

ご冥福をお祈りします。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!