【訃報】漫画家・さくらももこさん死去。画像や家族(夫・子供)は?最後のブログとちびまる子ちゃんの笑顔に涙が止まらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

漫画『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんが、死去したことが明らかになりました。

さくらももこさんの最近の画像と、残された家族子供)について確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




さくらももこさん、死去

漫画、そしてアニメで人気の『ちびまる子ちゃん』の作者さくらももこさんが死去したことが分かりました。

 

53歳という若さもさることながら、今や国民的アニメにもなったちびまる子ちゃん。

 

ファンならずともこの訃報は大きなショックと悲しみです。

人気アニメ「ちびまる子ちゃん」などで知られる、漫画家のさくらももこさんが15日に、乳がんのため死去していたことが27日、分かった。53歳。さくらさんの公式ブログで同日、公表された。

27日夜に同ブログが更新され「さくらプロダクションからのお知らせです」と題した文面で、訃報が伝えられた。

同サイトは「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53) これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」と伝えた。

<引用元:デイリー>

 

ちびまる子ちゃんは、さくらももこさんの幼少時代をモデルとしていることはあまりにも有名です。

また、今年はさくらももこさん、そしてちびまる子ちゃんの憧れのアイドルだった西城秀樹さんの訃報もあり、ちびまる子ファンにとっては立て続けの衝撃ですね。

 

>>【訃報】西城秀樹の残された妻・木本美紀と子供の現在は?家族の愛情に涙が止まらない

 

表舞台にほとんど姿を現したことのないさくらももこさん。

 

最近はどういう暮らしをしていたのでしょうか。

 

 

さくらももこさんの画像は?

 

本名 :非公開
旧姓:三浦
生年月日:1965年5月8日
出身:静岡県静岡市清水区(旧静岡県清水市)

さくらももこさんは静岡県出身で、1984年の静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科在学中に『りぼんオリジナル』冬の号で漫画家デビューしています。

 

1986年 に静岡英和女学院短期大学を卒業したあと、会社員として「ぎょうせい」という会社に入社していますが、勤務中に居眠り等で、上司から

 

「会社を取るか、漫画を取るかどちらか選べ」

「漫画家として生活していく」

 

とやり取りをしたというエピソードが残っています。

 

なかなか度胸のある回答ですが、同年にちびまる子ちゃんの連載が始まったことを考えると、今となってはこの決断がないと現在のちびまる子ちゃんは誕生していなかったかもしれませんね。

 

さくらももこさんの画像はこちらです。

 

さくらももこさん

 

冒頭にもお伝えした通り、表舞台に出ることがほとんどなかったさくらももこさんの画像はあまりありません

 

15年近く前の画像になりますが、どことなく大人になったちびまる子ちゃんに見えてきますね。

 

いつから乳がんを患っていたかはわかりませんが、最後のブログは7月20日のワールドカップの話題をつづっています。

 

 

最後のブログ

 

侍ジャパンがだんだん地味な進み方になったけど、決勝トーナメントに進出したことは運がいいのでしょうか。
とにかくベルギー戦頑張って欲しいです。

ドイツが負けてしまいましたからね。
メキシコとドイツの戦いはグループリーグ前半の試合の中でもいい試合だったと思ってます。

メキシコといえば、GKのオチョア選手がフジテレビのまる子のプロデューサーの狩野君に似ていると、息子とミッチャンと私の間で評判で、見かけるたびに大笑いです。
狩野君なんでワールドカップに出てるのって。

そんな狩野君がドイツをやっつけて決勝トーナメントに行くんだからたいしたもんです。

<引用元:公式ブログ>

 

おそらく闘病中で体もきつい中の更新だったのかと考えると、全く心配をさせないほのぼのとした内容に涙がでそうです。

 

ひと月に1~2回程の更新は体調が思わしくなかったのか、と考えてしまいます。

 

 

スポンサーリンク




残された家族(夫・子供)は?

 

さくらももこさんは、バツイチで再婚をしたといわれています。

 

最初の結婚の夫は1989年。

「りぼん」の編集者だと言われています。

1998年に約9年の結婚生活にピリオドを打ち離婚をしますが、原因は不明です。

再婚した夫イラストレーターの「うんのさしみ」さんという方です。

2003年10月に再婚しています。

 

物を描くという、共通点のある仕事をともに持つ者同士、苦労や刺激をもらえる良きパートナーだったのでしょう。

現在まで離婚せずに夫婦として生活を送っていたものといわれています。

 

また、元夫の子供が、息子(長男・男の子)が子供としてひとりいらっしゃいます

1994年生まれです。

年齢は現在、24歳ということになります。

 

成人しているとはいえ、偉大な母親の死去は子供にとっても悲しいはずです。

 

しかし、日本中に幸せをはこんだ『ちびまる子ちゃん』を生んだ偉大な漫画家であることを誇りに思ってほしいですね。

 

心からご冥福をお祈りします。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まるこ より:

    最初の離婚って、エッセイ読んだ限りじゃアシスタント?と元夫の浮気じゃなかったですかね。
    読んでたの10年くらい前なので記憶違いだったらすいません

コメントを残す

*

error: Content is protected !!