【準強制わいせつ】サガン鳥栖・佐藤基彦事業部長の顔画像や家族は?元選手?女性の胸触り『モデル体型か確認』メッセージが驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サッカーJ1のサガン鳥栖を運営するサガンドリームス事業部長佐藤基彦容疑者が、準強制わいせつ疑いで逮捕されました。

佐藤基彦容疑者の顔画像家族を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




サガン鳥栖・佐藤基彦容疑者が準強制わいせつ

 

Jリーグで海外代表選手を入団させ盛り上がっているサガン鳥栖に水を差すような犯罪が行われました。

 

運営会社・サガンドリームス佐藤基彦事業部長が女性の胸を触ったとして逮捕されました。

 

 

 

スペイン代表トーレスの入団で注目のサッカーJ1「サガン鳥栖」を運営する会社の役員の34歳の男が、準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、サッカーJ1「サガン鳥栖」を運営する「サガンドリームス」の事業部長、佐藤基彦容疑者(34)です。

警察によりますと佐藤容疑者は今年6月の夜、福岡市博多区の冷泉公園で、24歳の女性に「今からモデル体型かを確認する」などと言って手で女性の胸を触るなどした疑いです。

佐藤容疑者は女性に「モデルに興味がありませんか」と声をかけ犯行に及んでいて、不審に思った女性が「もういいです」と言うと、そのまま現場を立ち去ったということです。

調べに対し佐藤容疑者は「私がやったことと思います」と容疑を認めています。

博多区内では他にも1件同じ手口の事件が発生していて、警察が余罪を捜査しています。

<引用元:テレビ西日本>

 

 

記事にもある通り、モデル体型かどうかを確認する口実で胸を触ったということですが、女性にしてみれば余計なお世話ですね。

 

事業部長という立場上、ありこち出張などあるとは思いますが、余罪の可能性もあるということは、出張の度に夜な夜な女性を物色しに出ていたのでしょうか。

 

 

佐藤基彦容疑者の顔画像や家族は?

 

今回犯行に手を染めていた、佐藤基彦容疑者の顔画像はこちらです。

 

佐藤基彦容疑者

 

フェイスブックやツイッターなど他のSNSでのアカウントは確認することはできません

 

結婚や家族についても不明です。

 

年齢を考えれば、結婚して子供がいてもおかしくはないでしょう。

 

仮に家族がいたとしたら、恥ずべき犯行に残念なことでしょう。

 

 

スポンサーリンク




スタッフメッセージを残していた

 

佐藤基彦容疑者は、上記のヒューマンアカデミーのサイト上でスタッフメッセージを出しています。

 

イベント企画やチケット企画による「集客」、クラブの「ブランディング」、ユース年代の海外留学、選手の「育成・強化」など、多岐に渡る業務を任される事により、他部署との垣根の無いコミュニケーションやクラブの業務をマルチにこなす能力を身に付けることができるのがやりがいです。日本のサッカー界を「あっ」と驚かす新しい、斬新な企画ができる社風が魅力です。

<引用元:ヒューマンアカデミーサイト>

 

もちろん上記メッセージはサッカーを目指す若者向けですが、今となっては自身が犯した犯行への皮肉に聞こえてきます。

 

サッカー運営会社の事業部長ということですが、自身がJリーガー(サッカー選手)であったわけではないようです。

 

サガン鳥栖からは正式なコメントは出ていませんが、何らかの処分が出ることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!