【パワハラ】塚原千恵子女子強化本部長の顔画像と家族は?宮川紗江以外に被害を受けている選手はエンジェルJAPAN?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

体操の日本代表・宮川紗江選手が、速見佑斗コーチのパワハラ報道についての会見を開きました。

会見でパワハラがあったとされる、塚原千恵子女子強化本部長の顔画像家族、他に被害を受けた選手を確認します。

 

 

 

 

スポンサーリンク




宮川紗江、会見で塚原千恵子パワハラを暴露!

体操・日本代表の宮川紗江選手がパワハラを受けたとされる一連の報道に関して、当事者である宮川紗江選手が記者会見を開きました。

 

その中で語られたのは、速見コーチからはパワハラを受けていないということ、塚原千恵子女子強化本部長からのパワハラを受けたとの暴露でした。

 

 

体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江(18)が29日、自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を科せられた、速見佑斗コーチ(34)に関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開いた。

宮川は会見の中で、日本体操協会からパワハラ行為があり、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める朝日生命体操クラブに加入させられそうになったなどと語った。

また塚原女子強化本部長の言うことを聞かなかったことで、4月の全日本、5月のNHK杯上位12人が選ばれるナショナル選手に入っていながら、NTCを自由に使ったり出来なくなったと主張。「ナショナル選手であっても、言うことを聞かなくても仕打ちを受けるのかとしか捉えられなかった」と語った。

また宮川は、ナショナル選手より上の立場にあるという、2020年東京五輪特別強化選手にも選ばれているが、協会が信用できないということで辞退の意向を示している。その立場も踏まえ「「他にも、そういう選手はいます」と、自らのようにパワハラを受けている選手がいることを示唆した。その上で「2020(年東京五輪特別強化選手)に属していない選手は私の他にも、ナショナル選手の中でも多くいる。その選手たちも、NTCの利用制限を受け、好きな時に強化できない選手、コーチはたくさんいる」とも証言した。

<引用元:日刊スポーツ>

 

速水コーチのパワハラについては、会見前より否定するコメントが出ていましたが、驚くべきは塚原千恵子女子強化本部長のパワハラの暴露です。

 

宮川紗江選手の言い分としては、塚原千恵子女子強化本部長が権力を握っており、物事が進んでいるような印象を受けます。

 

これが事実なら、先日のボクシングといいレスリングといい、またしてもスポーツ界の悪しき慣習なのかと思ってしまいます。

 

>>【衝撃FAX】塚原光男・千恵子夫妻が宮川紗江との会話を録音していた!目的と録音内容は今どこにある?第三者委員会に提出予定か

>>【パワハラ】日本体操協会が立ち上げる第三者委員会のメンバー(弁護士)は誰?具志堅幸司副会長は塚原夫妻に『残念』

 

塚原千恵子女子強化本部長の画像や家族は?

 

会見で話題の塚原千恵子さんの画像はこちらです。

 

塚原千恵子画像

 

名前:塚原 千恵子 つかはら ちえこ

生年月日:1947年8月12日

出身:長崎県

学歴:長崎県立長崎西高等学校-日本体育大学卒

 

体操で塚原というと誰もが知る名選手一家です。

夫は塚原光男さんで3大会で金メダルを獲得。

息子はアテネ体操団体で金獲得の塚原直也さんです。

 

自身は1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝、全日本選手権で5位入賞、1967年夏季ユニバーシアード(東京)女子団体で金メダルを獲得するなど輝かしい成績を持ち、オリンピックにも出場しています。

 

現役引退後は指導者として活動しており、オリンピック体操コーチや、塚原体操センター副校長朝日生命体操クラブ女子チーム監督として籍を置いています。

 

指導者としての実績や元選手としての実績は申し分ないですが、だからといってパワハラをしていい立場というわけではありません。

 

パワハラが事実であれば、何らかの処分が下る可能性はあります。

記者会見等で真実を述べた方がいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク




他にパワハラ被害を受けた選手は誰?

 

宮川紗江選手は、自分だけじゃないという点について勇気を出して、

 

「他にも、そういう選手はいます」

 

と断言しています。

当然、世界と戦えるだけの実力を持った選手である可能性は高いでしょう。

 

ただこれまでに誰なのかは明らかになっていません。

 

宮川選手と同じ舞台で戦ってきた選手、エンジェルJAPANのメンバーとしては、

 

  • 村上茉愛
  • 笹田夏実
  • 寺本明日香
  • 井上和佳奈

 

と、実力選手ぞろいです。

 

もちろん上記の選手がパワハラを受けたということではありませんが、もしも、これらの選手が宮川紗江選手の意思に同調して辞退をすれば、体操女子としては極めて危機に陥るでしょう。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. スポーツ大好き おじさん より:

    体操 塚原本部長は最低だね。
    パワハラがはっきりした。
    宮川選手は立派。
    協会は当然、塚原本部長を協会から追放するでしょうね。
    もし、残るようであれば息子がかわいそう。

  2. 本当ならひどい話だなぁ~ より:

    朝日生命クラブのナショナルトレーニングセンター(NTC)私物化の噂は、以前よりあったんじゃないかな!?
    都合の良い年齢制限変更やら、
    ナショナルと言いながら、朝日生命クラブの女子選手ばかりのようだし。

    今回の速水コーチがNTCの誘いをずっと断っていた噂もあったし、
    試合でのジャッジも朝日生命クラブに忖度している噂も何度かあったし、順位により協会から選手に補助金も動いてるだろうし、

    ボクシングと同じ構造じゃ無いかな!?

コメントを残す

*

error: Content is protected !!