【1億6000万円】北海道労働金庫(北海道労金)で着服した男性職員の名前や顔画像は?死亡した理由はばれて自殺した可能性か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道労働金庫北海道労金)の男性職員が現金約1億6000万円着服していたことが分かりました。

この男性職員は誰なのか、名前顔画像、また、死亡した理由を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




北海道労働金庫の男性職員が1億6000万円着服

北海道労働金庫で、膨大な額の着服が発覚しました。

 

着服は出納業務担当で、お金を扱うことのできる立場にあった男性職員ということで、上司の管理能力に問題が無かったのかも問われてきそうです。

 

 

北海道労働金庫(札幌市)は30日、帯広支店で出納業務を担当していた20代の男性職員が現金計約1億6000万円を着服していたと発表した。男性職員は発覚翌日の8日に死亡しているのが見つかった。

北海道労金によると、男性職員は昨年4月から今月6日までの間に、現金自動預払機(ATM)などで使う現金を出し入れする機器から、複数回にわたって現金を着服した。

8月7日に別の職員が機器内の現金を確認し、着服が発覚した。男性は発覚直後に所在不明となり、翌8日に帯広市近郊で死亡しているのが見つかった。北海道労金は、事件性はないとして死亡の詳しい経緯を明らかにしていない。

北海道労金は管理責任を問い、理事長や役員、当時の上司らを処分する方針。

<引用元:産経ニュース>

 

この男性職員は1年2カ月の間に約 1 億 6,185 万円もの額を着服していたということで、その期間北海道労働金庫のチェック体制ががら空きだったことが示唆されます。

 

もしかしたら、この男性職員は自分の思い通りに手に入る大金に麻痺して着服がエスカレートしてしまったのではとも考えてしまいます。

それと同時に、帯広支店では上司が1カ月に1回、現金の確認をすることになっているが、チェックがされていなかったことも発覚したことも浮き彫りになっています。

 

ホームページではこの不祥事が報告されていますが、唯一幸いだったのは、お客の預金の着服ではなく銀行内の危機からの着服だったということでしょうか。

 

ホームページの報告

 

 

着服していた男性職員の名前と画像は?

 

今回、1億6000万円もの大金を着服していた男性職員が勤務していたのは北海道労働金庫帯広支店とされています。

 


 

男性職員の名前や顔画像は現在までに明らかにされていません

 

後述しますがすでに死亡しており、容疑が固まれば今後氏名の公表は可能性がありそうです。

 

この男性職員は20代で出納業務を担当していたということで、こちらに勤務する職員であればだれのことかはすぐにわかるでしょう。

 

お金の保管庫はシステム管理されているにもかかわらず、自身の犯行がばれないように工作を施していたということですから感覚がマヒしているとしか言いようがありません。

 

いくら出納担当とはいえ、かなりシステムに熟知していたと思われます。

 

 

スポンサーリンク




男性職員が死亡した理由は?

 

この着服した男性職員は、着服発覚した8月7日の翌日である8日に死亡が確認されています。

死亡の原因や理由は明らかにされていませんが、事件性が無いということは発表されています。

 

帯広市近郊で遺体で発見されており、自然に考えれば、事件の発覚で事の重大さを感じて自殺した可能性が高そうだと考えられます。

 

詳細な年齢は分かりませんが、自分自身の心の弱さから犯行を繰り返し、20代で命を失ってしまったことは残念でなりません。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!