【破産】ケフィア事業振興会の鏑木秀彌社長の画像や年収は?ケベック州から貢献賞メダルをもらっていた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ケフィア事業振興会が436億円もの負債を抱えて破産したことが発表されました。利用者の未払い金などを含めると1000億円を超える見通しです。

ケフィア事業振興会の鏑木秀彌社長画像年収を確認します

 

 

スポンサーリンク




ケフィア事業振興会が破産

 

 

加工食品『ケフィア』でお馴染みのケフィアカルチャー(通販)を運営していたケフィア事業振興会破産したことがわかりました。
 


(株)ケフィア事業振興会(TSR企業コード:298080745、法人番号:7010001127512、千代田区神田須田町2-25-16、設立平成21年9月7日、資本金4億円、鏑木秀彌社長)と関連会社3社は9月3日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には内田実弁護士(虎ノ門南法律事務所、港区虎ノ門1-15-12、破産管財人室03-5577-5808)が選任された。
ケフィア事業振興会の負債総額は436億1652万円(平成29年7月期決算時点)だが、これから満期を迎えるオーナー制度に加え、ケフィアに金銭を貸し付ける「サポーター募集」でも会員から多額の資金を集めており、被害額は1,000億円に達する可能性もある。関連3社の負債は調査中。

ケフィア事業振興会は柿やヨーグルト、ジュースなど食品を中心とした通信販売「ケフィアカルチャー」を運営していた。公称220万人の会員を誇り、通信販売以外にダイレクトメールで買戻付売買契約の「オーナー制度」や金銭消費貸借契約の「サポーター募集」により、資金を集めていた。積極的な「オーナー制度」の募集により、平成29年7月期は売上高1004億252万円、利益は1億5011万円をあげた。
しかし、29年11月ごろから会員へ配当や元本の支払いが遅れ、「システムの入れ替えに伴うもの」とケフィアは説明していたが、その後も支払遅延は解消せず、訴訟や仮差押など会員とトラブルになっていた。また、国民生活センターへの問い合わせも急増するなど社会問題化し7月10日、ケフィアグループ被害対策弁護団が結成された。被害対策弁護団に会員から多くの被害相談が寄せられ、同弁護団は債権者破産の申し立てや刑事告発を検討する事態まで発展。8月31日には、消費者庁が「債務の履行遅延」などを理由に注意喚起していた。
こうしたなか、9月2日にはケフィアグループ被害対策弁護団が被害者向けに説明会を開催し、動向が注目されていた。

同時に破産開始決定を受けた関連会社3社は以下の通り。
かぶちゃん九州(株)(TSR企業コード:298206781、法人番号:4010001128728、同所、設立平成21年11月11日、資本金1000万円、鏑木秀彌社長)
かぶちゃんメガソーラー(株)(TSR企業コード:298206870、法人番号:9100001025465、飯田市川路7592-1、設立平成21年11月11日、資本金5100万円、同社長)
(株)飯田水晶山温泉ランド(TSR企業コード:422038822、法人番号:7100001023479、飯田市箱川386-1、設立平成20年9月1日、資本金100万円、同社長)

<引用元:東京商工リサーチ>

 

ケフィアとは、ロシアのカフカース地方を起源とした発酵した乳飲料のことです。

やや酸味が強いですが、砂糖など甘みを加えることで美味しく飲める健康食品として知られています。

 

約10年前、

 

「ヨーグルト、いいえ、ケフィアです」

 

というCMで一気に名前が広まったことをおぼえていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ケフィア事業振興会はこのケフィアをベースにさまざまな食品や飲料を販売していました。

上記記事のように、オーナー制度やサポーター募集システムでも多額のお金を集めていました。

システム入れ替えが理由とされる支払い遅延で利用者の解約などが相次いだとされます。

実際は自転車操業だったという噂もありますので、本当にシステム入れ替えのせいだったのか、甚だ疑問に感じます。

 

 

鏑木秀彌社長の画像はある?

 

ケフィア事業振興会の社長は鏑木秀彌さんという方です。

 

 

上記記事の通り、ケフィア事業振興会だけでなく、関連会社の

 

  •  かぶちゃん九州株式会社
  • かぶちゃんメガソーラー株式会社
  • (株)飯田水晶山温泉ランド

 

の社長でもあります。

 

 

鏑木秀彌社長はこれまで、メディアなどにほとんど出たことがないのですが、ケベック州政府日本事務所のホームページに後述の息子と画像が確認できます。

 

鏑木秀彌社長と息子の画像

 

 

ただ、かぶちゃんファームには、息子の鏑木武弥さんという方の画像は確認できます。4月からこの方に代表取締を変更しているようです。

 

 

これらの画像を拝見すると、ケベック州と深いかかわりがあったことも伺えます。

 

国際的な展開もしており、それだけに今回の破産は残念な結果といわざるを得ません。

 

鏑木秀彌社長、自身の名前を用いた会社を4社も作った事は間違いなく凄腕実業家だとおもいますが、利用者への説明は会見などでしっかり果たす必要があると思います。

 

スポンサーリンク




鏑木秀彌社長の年収は?

 

ケフィア事業振興会をはじめ、4社の社長として経営していた鏑木秀彌社長。

 

 

その年収も気になります。

もちろん、年収は公開はされていません

 

 

ケフィア事業振興会のみで、1億円以上の利益を出しています。

 

かぶちゃんメガソーラーも、5100万円という資本金で設立していますので、社長自身の収入としてもかなりの額があった事は間違いないでしょう。

 

 

個人の年収としては4社合わせて数千万円は得ていたのではないかと考えられます。

 

 

ただ、いくらであったとしても、破産を出してしまった以上、これまでの蓄えは水の泡となってしまいますから、なんとも悲しい顛末だと感じます。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!