【重傷】花王和歌山工場で従業員3人が硫酸を浴びた原因は?大量又は高濃度を浴びた可能性?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ニュースノアメ

和歌山県にある花王和歌山工場で、従業員3人に劇物である硫酸がかかったという事故がありました。
 
硫酸がかかった原因や、従業員の容体を確認します。
 

 

スポンサーリンク




花王和歌山工場で従業員に硫酸がかかる


 

 
和歌山県にある花王和歌山工場で心配な出来事が発生しました。
 

 
工場で働く従業員3人が劇薬である硫酸を浴びたということです。
 

 

 


和歌山市消防局によると、7日午前、花王和歌山工場から「従業員の体に硫酸がかかった」と119番があった。

60代の男性3人が病院に搬送され、うち1人は重傷という。

<引用元:共同通信>

 

 
3人とも60代の男性ということで、1人は重体とされています。
 

 
一般的に硫酸が体にかかると、皮膚の脱水が起こり、細胞を殺してしまう薬傷といわれる状態になります。
 

 
重傷の方は大量に浴びたか、高濃度の硫酸を浴びた可能性がありそうです。
 

 

花王和歌山工場の場所は?

 

 
この出来事が発生したのは、花王和歌山工場と報じられています。
 

 

 
花王といえば、私たちの生活の必需品である洗剤や石鹸などでお馴染みです。
 
この花王和歌山工場は国内外の花王の全工場中、最大規模の工場と言われています。
 

 
敷地内には研究所も設けられ、長い歴史にあって今なお、より良い製品づくりを行なっている企業です。
 

 
その特色から、硫酸をはじめとした、様々な薬品や材料を取り扱っていることは言うまでもありません。
 

 

スポンサーリンク




硫酸がかかった原因は?

 

 
硫酸がかかった原因は現在までに分かっていません。
 

 
考えられる原因としては
 

 

  • 業務上の取り扱い間違い、ミス
  • 従業員間のトラブル(わざとかけた)

 

 
などが考えられますが、逮捕者は報じられていませんのでわざととは考えにくそうです。
 

 
詳しい原因は徐々に判明してくるものと思われます。
 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!