【重量挙げ】三宅義行会長からのパワハラを告発した女子トップ選手は?古川令治理事の発言で浮上!コップ投げつけや怒声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

重量挙げ協会三宅義行会長によるパワハラがあったとして告発されていたことが明らかになりました。

会長を告発した女子トップ選手は誰なのか確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




重量挙げ協会・三宅義行会長にパワハラ疑惑

 

またしてもスポーツ界のパワハラ疑惑です。

 

今度は重量挙げ協会三宅義行会長についてのパワハラ疑惑です。

 

三宅義行会長といえば、女子重量挙げメダリストの三宅宏実さんの父親としても知られています。

 

パワハラが事実なら、三宅宏実選手にとっても大きな痛手となることは間違いありません。

 

 

アマチュア競技団体に、またパワハラ疑惑が浮上である。メダル有力種目の一つであるウエートリフティングの選手が日本協会幹部による嫌がらせを告発していたことが日刊ゲンダイの取材で分かったのだ。

「幹部」とは日本ウエイトリフティング協会会長で、女子日本代表監督を兼務する三宅義行氏(72)。五輪の女子48キロ級で2大会連続メダル(ロンドン銀、リオ銅)を獲得した三宅宏実(32)の父親でもある。三宅会長が真相を問いただされた今月初めの常務理事会は大紛糾した。

■「俺にあいさつもないのか」

9月1日に東京・渋谷区の岸記念体育会館で行われた協会常務理事会。滞りなく進行していた会がにわかに不穏な空気に包まれたのは1人の常務理事の発言がきっかけだったという。全ての議事が終了した直後、三宅会長によるパワハラ疑惑の真偽を問う発議があったのだ。

問題となった告発文は、数年前に協会に提出された。告発したのは女子のトップ選手。そこには、三宅会長から受けた嫌がらせが列挙されていた。その一例を挙げると「練習メニューが気に入らない」という理由でコップを投げつけられたり、合宿地である「ナショナルトレーニングセンター(NTC)から出て行け」と命じられたこともある。さらにNTCの食堂で三宅会長にあいさつせずに食事を取ると、「俺にあいさつもないのか」と怒鳴られたことなどが記されているという。

この文書の存在を明らかにした理事が三宅会長を問いただすと、告発文書の存在を認めたうえで、「選手のコーチが持参した。事務局長と専務理事と会長(本人)でそれを全部読んだ。(パワハラ行為が)いっぱい書いてありましたが、ほとんどが嘘だった。だから、パワハラはなかったと認定しました」と答えたという。

押し問答となり、理事会は紛糾。常務理事会は通常、午後4時から始まり、2時間程度で終了するが、この時は結論が出ないまま8時すぎまで続いたという。

当日の常務理事会について協会に聞くと、担当者は「協会としてはコメント致しかねます」とのこと。

■「当事者の話を聞かないのは違法」

日刊ゲンダイの取材で、三宅会長を追及したのは、協会常務理事の古川令治氏であることが分かった。古川理事は元慶応大学ウエートリフティング部監督で、現在は公益社団法人・経済同友会の幹事を務めている。その古川氏に話を聞くと、「三宅会長を筆頭に協会幹部がもみ消しを図ったと言わざるを得ません」とこう続ける。

「協会の規定では、トラブルが生じた際には、まず訴え出た当事者の話を聞き、そのうえで倫理委員会を開いて、調査を行うと記されているんです。今回の件では、会長以下、協会幹部数人が文書に目を通しただけで、本人にヒアリングすら行わずに『パワハラはなかった』と認定した。これでは欠席裁判です。ろくに調査もせずに終えたとするのは明らかに違法ですよ。当日の常務理事会で、弁護士、会計士を入れた倫理委員会を開いて、改めて調査するように提案しましたが、三宅会長は『もう、終わった話だから』の一点張り。聞く耳すら持ちませんでした。そもそも、パワハラはなかったと認定した協会の専務理事、事務局長、それに、告発文書を持参したコーチは全て、三宅会長の母校(法政大学)の後輩です。大学の後輩ばかり集めてパワハラがなかったと結論付けるのは公平性に欠けます。明らかな規約違反にもかかわらず、常務理事会では終わったことになっている。次回の理事会で改めて問題提起したいと思っています」

レスリングにしろ、ボクシングにしろ、パワハラの当事者は対応を誤って後手を踏み、自らの首を絞めた揚げ句、最後は解任や辞任に追い込まれた。同じアマチュア競技団体のトップとして同じ轍を踏まないためにも、三宅会長と協会は早急に公正に調査し、事実を明らかにする必要がある。

<引用元:日刊ゲンダイデジタル>

 

記事を要約すると

 

  • 告発文は数年前に女子トップ選手から提出されていた
  • 三宅義行会長からコップを投げつけられたり、「俺にあいさつもないのか」怒鳴られたとのこと
  • パワハラについて理事が問いただすと、三宅義行会長は「嘘ばかりだからパワハラは無かったと認定」と聞く耳を持っていない

 

ということです。

『嘘』というワードは、塚原光男夫妻の体操協会のパワハラを彷彿とさせます。

 

>>【衝撃FAX】塚原光男・千恵子夫妻が宮川紗江との会話を録音していた!目的と録音内容は今どこにある?第三者委員会に提出予定か

>>【パワハラ】塚原千恵子女子強化本部長の顔画像と家族は?宮川紗江以外に被害を受けている選手はエンジェルJAPAN?

 

このあパワハラが真実であれ嘘であれ、記事の中身だけで判断すれば、しっかりと中身が精査されていない印象が強いですね。

 

 

追及した古川令治理事とは?

 

数年前に提出されていた告発文を、先日の理事会で追及したのは、古川令治理事だとされています。

 

 

 

名前:古川令治

役職:重量挙げ協会常務理事、元慶応大学ウエートリフティング部監督、公益社団法人・経済同友会幹事

 

2013年マスターズ・ワールドカップM55銀メダルを獲得するなど、第一線を退いた今でも重量挙げに情熱を燃やしている方のようです。

会社会長の一面もあり、経営面についても長けた知識がある方なのかもしれません。

 

経営は時代を読む先見性が大事です。

 

現在問題となっている、スポーツ界の悪しき慣習は古川令治さんにとっては、未来にナンセンスなのでしょう。

そして、誰しもが感じている、パワハラは絶対に許されない時代の空気を感じているに間違いありません。

 

 

会長を前に数年前の告発文を議題に取りあげる勇気は称賛に値します。

 

慶応大学時代、古川令治さんは体育会の重量挙部の選手として、神奈川県大会を2連覇。

地味なトレーニングの積み重ねから、

 

「重量挙げは火事場のバカ力を出すスポーツ」

 

だと知り、ここ一番で限界以上のパワーを引き出すべく、集中力を研ぎ澄ます精神鍛錬を繰り返したと言われています。

 

若いころのこの鍛錬が古川令治さんを強い男にしたそうです。

 

その強い精神で、とことん真実を追求していってほしいですね。

 

 

 

今現在の重量挙げ協会の役職者は以下の通りです。

 

会長 三宅 義行
副会長 菊地 俊美
副会長 高野  剛
副会長 上治 丈太郎
専務理事 小宮山 哲雄
常務理事 岡田 純一
常務理事 加藤 智子
常務理事 菊田 三代治
常務理事 舟喜 信生
常務理事 古川 令治
理事 加納  修
理事 斎藤  隆
理事 小栗 和成
理事 島田 隆宏
理事 中嶋 政幸
理事 真鍋 和人
理事 守  昌宏
理事 靑木 延明
理事 知念 令子
理事 中嶋 耕平
理事 武井 多加志
理事 平良 朝順
理事 難波 謙二

<引用元:重量挙げ協会HP>

 

スポンサーリンク




数年前に告発していた女子トップ選手は誰?

 

今回の告発文は数年前に提出されていたといいます。

 

この一年で発覚した数々のパワハラや問題。

 

レスリング、大相撲、アメフト、体操、ボクシング。

 

これらの問題よりも何年も前に告発していたということは、かなり勇気のいる行為だったと思います。

 

はたしてこの勇気ある行動をとったのは誰なのでしょうか。

 

 

小宮山哲雄理事は、

 

  • 重量挙げの女子トップ選手(日本代表経験あり)
  • 既に引退

 

としています。

 

 

この情報から該当しそうな選手は

 

大城みさき

水落穂南

 

がいらっしゃいます。

 

大城さんは、北京オリンピックで入賞するなど日本代表経験があり、2016年には引退をしています。

 

 

 

水落穂南さんもすでに引退されており、現在は熊谷市役所で一般事務職をしていると言われています。

 

現役時代は三宅会長が指導者を務める、いちごホールディングスに所属していました。

そういう意味では可能性は十分にありそうです。

 

ただ、あくまでも有名どころの選手だけでの検索ですので、大城みさきさんや水落穂南さんが告発したと断定するものは現在までに確認できません

 

日本代表に選ばれながら入賞もできなかった選手もいると思いますので、告発した選手については続報を待ちたいと思います。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!