【炎上】八王子駅人身事故を笑いながら撮影する人の画像は?『撮るのは許せない』不謹慎だと批判殺到

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

八王子駅で発生した人身事故撮影していた不謹慎な人(利用客)らに対し批判が集まり炎上しています。

撮影していた人たちは誰なのか、画像で確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




八王子駅で人身事故を笑う人たち

 

東京・中央線の八王子駅で9月10日に人身事故が発生。

 

この人身事故現場をカメラで撮影したり、笑う人たちの目撃情報があり、不謹慎だと炎上しています。

 

 

中央線の八王子駅で9月10日、電車と人が接触する人身事故が発生し、その様子を笑いながら写真や動画で撮影している人が目撃され非難が集まっています。

この事故は9月10日午前7時55分ころ、東京都八王子市旭町にあるJR八王子駅で、男性が電車の下敷きになったものです。複数の目撃情報から、男性が自ら線路に飛び降りた投身自殺とみられています。

この影響でJR中央線は東京駅-高尾駅間の上下線で一時運転を見合わすなど、通勤ラッシュの時間帯だったこともあり、大きな影響が出ました。

現場に居合わせた大勢の人々が人身事故現場を撮影していたことから、「動画や写真を撮っている方がいますが、そのような行為は絶対におやめください」「撮影はやめてください!!」といった強い口調でのアナウンスが流されたほか、現場にいた駅員が「下がってください!やめてください!」などと制止する事態に発展したということです。

しかし駅員の制止を振り切り、笑いながら撮影している人物がいたとの目撃情報が複数寄せられており、非難が集まっています。

このような事案は過去にもたびたび発生しており、「ガラスが割れてる!すげぇ~」「やべぇ人身事故嬉しいw」などとツイートしたり発言したりする人物がいて、炎上事件に発展したことがありました。

インターネット上では今回の騒動について「人身事故の写真撮る人はどういう気持ちで撮ってるんだろう」「不謹慎すぎる」「こんな奴ら初めて見た」「アナウンスで撮影やめろって言われてるのにやめないんだけど」などと目撃情報が多数投稿されています。

<引用元:ブレイキングニュース>

 

この事故により、大勢の利用客の足に影響が出ました。

 

また、構内アナウンスでも懸命の救助を伝えていたといいますが、人の痛みを笑う人間にはなりたくないものですね。

 

 

事故の現場と被害者は?

 

人身事故が起きたのは、八王子駅です。

 


 

商業施設も併設されている巨大な駅で、利用客も多いことで知られています。

事故の被害者は、目撃情報によると、

 

  • サラリーマン風
  • 男性

 

ということで、自殺を図った飛び降りなのか、誤って転落したのかははっきりしていません。

 

いずれにしても男性は電車の下敷きになり、足に怪我を負ったとのことです。

 

人身事故の影響により、ダイヤの乱れも発生、利用客が大挙移動する姿も確認されます。

 

スポンサーリンク




現場を笑いながら撮影する不謹慎な人たち

 

今回炎上しているのは、ケガを負った被害者男性、血まみれで救助活動する救助隊員の方々を撮影したり、笑ったりする人(利用客)が複数いたということです。

 

これらの人たちが誰だったのかは明らかではありません

 

その時間帯の利用客だと思われます。

 

確かに、記事を読むだけで痛ましい、顔をゆがめてしまうような事故ですが、その場で笑う心理は理解できません。

複数人数のグループで集団心理で同じ行動に及んだのかは分かりません。

 

ホームの画像

ホームの画像

 

 

 

撮影している方々の画像をツイートしている方はさすがにいませんでしたが、理由は何であれ、事故で負傷している方、それを救助している方を笑う行為というのは理解しがたいものがあります。

 

私たちの子供にはそういう育ち方はしてほしくないなと感じてしまいます。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!