【覚醒剤】高橋祐也(三田佳子次男)が4度目逮捕で、統合失調症!妻と離婚の可能性、過去には乃木坂不倫も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三田佳子さんの息子で、歌手・俳優の高橋祐也容疑者が覚醒剤使用で4度目の逮捕となりました。

残された子供画像、過去には乃木坂不倫もあり、いよいよ離婚なのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




高橋祐也が覚醒剤で4度目の逮捕!

日本を代表する、美人でおしとやかな女優、三田佳子さん。

 

三田佳子さんの息子といえば、過去に数々のトラブルや逮捕歴のある高橋祐也さんです。

 

またしても高橋祐也容疑者と呼ばなくてはいけなくなりました。

 

覚醒剤使用により4度目の逮捕です。


女優の三田佳子さんの次男が覚醒剤でまた逮捕です。

逮捕されたのは女優の三田佳子さんの次男、高橋祐也容疑者(38)で、10日、東京・渋谷区で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、飲食店から「客がトラブルになっている」と通報があり、警察官が調べたところ、高橋容疑者から覚醒剤の陽性反応が出たということです。

取り調べに対し、高橋容疑者は「覚醒剤を使ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。高橋容疑者が覚醒剤をめぐり逮捕されるのは、これで4度目です。

<引用元:TBSニュース>

 

過去には、母親である三田佳子さんが謝罪会見を何度となくされてきました。

 

高橋祐也容疑者のみならず、2世タレントのいわゆる世間知らずな面から犯罪につながるケースというのは少なくありませんが、当時は親のしつけの問題かと思っていた方も多いでしょう。

 

しかし、38歳で、4度目の逮捕となるとしつけ云々では無いことは言うまでもありません

 

 

これまでの逮捕歴は以下の通りです。

 

  • 1回目:1998年1月に薬の所持違反で逮捕。1998年2月には保護観察処分。高校退学
  • 2回目:2000年10月に高橋祐也が自宅地下室でのパーティーで薬物使用、逮捕。友人の男性3人、女性1人も逮捕。大学退学処分。懲役2年、執行猶予5年の判決。
  • 3回目:2007年11月にコンビニのトイレで薬吸引し、現行犯逮捕。
  • 4回目:今回、上記の通り

 

 

高橋祐也容疑者の家族(妻・子供)の画像は?

 

犯罪を繰り返す人物に手を差し伸べる人はいないかと思いきや、高橋祐也容疑者は2010年に結婚をしています。

 

妻は一般人の女性で、過去のブログで画像が公開されています。

 

妻の画像

妻の画像

 

2010年には子供長男)が生まれていますので、できちゃった婚であることが分かります。

今は小学生2年生でしょうか。

これまでに子供の画像が公開されたことはありません

 

父親の逮捕は、子供の目にどう映るのでしょうか。

 

【追記】

母親の三田佳子さんが、やはり公に謝罪コメントを発表しました。

 

「このたびの事件を受け、大変ご心配をおかけして申し訳ありません」

「このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」

「多くの方の支えや応援に感謝しつつ、俳優としての残りの人生をかけて、仕事に邁進していきたいと存じます」

 

もう、無念としか言いようがありませんね。

わが息子でありながら、親の力ではどうしようもない段階に来ているといえます。

 

 

また、統合失調症であったことを明かしていますが、今となれば、どんな精神疾患も当てはまりそうな気がしてきます。

 

スポンサーリンク




2017年には乃木坂不倫も、離婚か?

 

これだけ、親、妻、子供に迷惑をかけてしまっていては、さすがに妻も三行半を突きつけるのでは無いかと思います。

 

 

高橋祐也容疑者は、2017年に、元乃木坂46メンバーの大和里菜さんに暴力を振るった、いわゆるDVでトラブルになっています。

この暴力沙汰で、大和里菜さんとの不倫関係も必然的にバレてしまった形です。

 

大和里菜さんも高橋祐也容疑者のどこに惹かれたのでしょうか。

 

 

 

外見?

 

経済力?

 

仕事する姿?

 

と、謎だらけです。
妻としては一回り以上若い女性に走ったこと、そして今回の覚醒剤逮捕、とこれ以上ない離婚の環境が出来てしまいました。

 

三田佳子さんにしても、妻にしても心のケアが必要なくらい落ち込んでいるのではないかと、心配です。

 

高橋祐也容疑者が真っ当な大人になる日は来るのでしょうか。

 

専門施設に入って、覚醒剤を絶つ努力が必要です。

 

過去にはこの施設で薬物依存の更生に取り組んでいたようですが、結果的に再犯となってしまったのは残念です。


トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!