【悲報】タッキー(滝沢秀明)が芸能活動引退し専念する裏方の仕事とは?タキツバに続きケンタッキーもひっそりと消滅か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タッキーこと滝沢秀明さんが、年内での芸能活動引退を明らかにしました。

引退理由と今後タッキーが専念すると言われる『裏方』とはどんな仕事内容なのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




タッキーが年内で芸能活動引退


ジャニーズ事務所のタッキーこと滝沢秀明さんが、年内で芸能活動引退することが明らかになりました。

ファンにとっては寂しくなる話題ですが、タッキーにとっても、タキツバの解散など、ジャニーズアイドルとしてはなかなか突き抜けられなかった面もあり、良い時期だったのかもしれません。

俳優の滝沢秀明(36)と今井翼(36)によるユニット・タッキー&翼が9月10日をもって解散したことが13日、わかった。所属するジャニーズ事務所によると、滝沢は年内いっぱいで芸能活動から身を引き、今後は同事務所のタレント育成やプロデュース業など“裏方”の仕事に専念する。

同ユニットはデビュー15周年を迎えた昨年9月に活動休止を発表。今年3月末には今井がメニエール病の再発を公表し、治療に専念するため活動を休止していた。2人はこの日、直筆の署名とともに連名でコメントし、「皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していくことができるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか」と自問自答を重ね事務所とも話し合いを重ねたことを明かし、その上で、「CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことにいたしました」と決断を伝えた。

滝沢は今後について「年内いっぱいで芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました」と報告。また、「これは、私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります」と決意のほどをつづっている。

事務所社長のジャニー喜多川氏もコメントを寄せ、滝沢について「芸能界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告となりました」と経緯を説明した。

なお、今井は今後についてジャニーズを退所し病気療養に専念することを発表。その後のことは「全くの白紙」としつつも、「自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆さまにご報告できるように頑張っていきたいと思います」と前向きにつづった。

<引用元:オリコンニュース>

 

また、この発表と時期を同じくして、メニエール病の再発で病気療養中の今井翼さんとのコンビ、タッキー&翼も9月10日をもって引退、今井翼さんはジャニーズ事務所を退所することも発表されました。

 


 

そして、全く報じられませんが、4月に結成されたV6・三宅健さんとの2人組ユニット『ケンタッキー(KEN☆Tackey)』も消滅が確定でしょう。
 


 

 

 

 

 

引退に至った原因や理由は?

 

上記の通り、タッキー(滝沢秀明さん)は、ジャニー喜多川社長から、プレイングマネージャーという選択肢を与えられていますが、それを選択せずに芸能活動引退を選択しています。

 

これは自身の決心によるものですが、実際にはプレイングマネージャーもこなすだけの実力をむっていらっしゃる方です。

 

これまでにも、ジャニーズJr.時代から、その責任感の強さと面倒見の良さから、『東のタッキー』『小さなジャニーさん』と、言われていました。

10代ながら、トラブルの対処も受け持ち、Jr.の代表として謝罪に出向く事もあったようです。

実はJr.時代にもその責任感の強さから引退を考えていたようですが、母親の
 

『帰って来なさい』

 

という、優しい言葉に甘えずに帰らなかったというところが、意外な負けん気の強さを表しています。

それだけ責任感が強いのに、引退を決意した理由は、ジャニー社長の後任指名を正式に受けたことに他ならないでしょう。

タッキーは、ジャニー社長が身をつけて来た人材を伸ばそうと、これまで頑張って来ましたので、もう1人の父と言っても過言ではありません。

その後任指名というのは、タッキーが最もその重大さを理解しているのでしょう。
 

スポンサーリンク




裏方の仕事とは?

 

実際には、タッキーはすぐに社長に就任する訳ではありません。あくまでもイズム継承とされています。

しばらくの期間、継承のために裏方の仕事を学んで経験を積むこととなりそうです。

タッキーが専念する裏方の仕事とはいったいどういう仕事内容なのかも気になります。

ジャニー社長の言葉を借りれば
 

  • ジュニア育成
  • 舞台演出

 

と、しています。

もちろん、プロデュースなども含まれるでしょうし、所属アイドルとの様々な打ち合わせもあります。

これまで、ジャニーズJr.の育成係としてその腕を発揮していたので、タレントとの関わりは得意分野かもしれません。

ただ、外部の人間との交渉なども今後はありますので、芸能活動を続けてきたタッキーにとっては、ある意味未知の世界なのかもしれません。

引退後はタッキーはジャニーズ事務所のグループ会社で今後のスター育成に専念すると言われています。

裏方とはいえあくまで、スター育成が中心となった仕事をしていくようです。
>>【タキジュリ】滝沢秀明と藤島ジュリー景子新社長候補の仲は?過去噂の東山紀之やNEWS手越しはどうなる?

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!