【競泳】池江璃花子が入学願書を日大へ提出した理由。水泳部の上野監督・コーチやパワハラは大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

競泳の池江璃花子選手が入学願書日大日本大学)へ提出した事が明らかになりました。

日大の水泳の監督コーチパワハラについて確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




池江璃花子、日大へ願書提出


競泳女子のエース・池江璃花子さんが、日大(日本大学)へ進学のため、入学願書を提出したことが明らかになりました。

 

池江璃花子さんといえば、先月開催されたアジア大会で6冠と言う無類の強さを発揮したのは記憶に新しいところです。

 

春からは日大学生として競技に打ち込む事になるのでしょうか。

 

 

競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が、日大の入試を受ける手続きを行ったことが18日、分かった。東京・淑徳巣鴨高3年の池江は、日大進学の意向を持っていたが「願書提出」という形で、その意思を明確にした。これから入試を受けて、来月上旬にもその合否が決まる見通しだ。

池江は、複数の大学から勧誘を受けたが、今春から一貫して日大を志願していた。同大水泳部は、戦前の1927年(昭2)に創部されて「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた故古橋広之進らを輩出。五輪金メダリストは、36年ベルリン葉室鉄夫、56年メルボルン古川勝、92年バルセロナ岩崎恭子ら6人を数える。環境面も整っており、池江にとって、高校の1年先輩にあたる同じリオ五輪代表の長谷川涼香も入学している。今年5月から指導を受ける五輪2度出場の三木二郎コーチ(35)も日大OBで、大学生活にすんなりと入っていけるメリットもある。

池江は本命種目の100メートルバタフライで、20年東京五輪でのメダル獲得を目標に掲げている。今年8月のパンパシフィック選手権では同種目で主要国際大会初となる金メダルを獲得。「今季で一番うれしかった」と手応えをつかんでいる。続くジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠でMVPを獲得。17日までの福井国体で今季を締めくくったが「まだ満足していません」と意気込んでいる。現在オフ期間の18歳が、入試に合格すれば、新しい環境から東京五輪に向かう。

<引用元:日刊スポーツ>

 

日大といえば、やはりアメフト部の悪質タックル問題に始まる、パワハラ問題がまだまだ解決はしていません。

最近は話題となることは少なくなって来ましたが、日大の田中理事長は未だ記者会見などは行っていません。

 

日本の宝ともいえる池江璃花子さんが思い切り競技に打ちこめる環境はあるのかが気になります。

 

日大を選んだ理由は?

日大はアメフト部の悪質タックル問題以降、著しいイメージ低下でアメフト部以外の運動部についても懐疑の目を向けてしまいがちです。

 

池江璃花子さんの日大志望も、悪質タックル問題やパワハラ問題で一時は断念するのではないかとも噂されていました。

 

それでも日大に入学願書を提出した理由としては

 

  • 過去に数々の金メダリストを輩出している
  • 高校の1年先輩で、リオ五輪代表・長谷川涼香も入学している
  • 三木二郎コーチが日大OB

 

とサポート体制が整っていることが挙げられます。

 

一応、入試は受ける事になるようですので、学科試験で落ちないようにしっかり勉強にも励んで欲しいものです。

 

スポンサーリンク




日大水泳部の監督とコーチは?

池江璃花子さんが日大に入学した場合に、指導に当たる監督とコーチは誰なのかも気になります。

 

日大のホームページでは

 

  • 監督:上野 広治
  • コーチ:平野 雅人、倉澤 利彰

 

と紹介されています。

 

 

上野広治監督画像

平野雅人コーチ画像

倉澤利彰コーチ画像

 

 

上野広治監督は

 

世界で戦えるオリンピック選手の育成とインカレ総合優勝が目標。人間力なくして競技力の向上なしをモットーとし、常に「感謝の気持ち」を持って、何事にも積極果敢に取り組む人間形成・人間教育を指導。伝統ある部員としての自覚と責任を4年間で植えつけたいと思います。

<引用元:日大ホームページ>

 

という信念で指導を行っていらっしゃるようです。

”植えつけたい”という言葉が引っかかってしまいますが・・・

 

上野広治監督はリオ五輪では、競技担当の本部役員として、また、JOCの

 

  • 監督・コーチ専門部会副部会長
  • 情報・医・科学専門専門部会員
  • 情報戦略部門副部門長

 

兼任していらしゃいましたので、日本代表選手にとっては馴染みのある方なのかもしれません。

 

平野 雅人コーチは元男子1500m自由形の選手で1996年のアトランタオリンピックで6位入賞し当時、32年ぶりの快挙と言われていました。

 

2001年の世界選手権後に引退し、現在は日大でコーチとして指導にあたっています。

 

倉澤利彰コーチは男子400m個人メドレーの日本代表選手で、アトランタオリンピックに出場しています。

 

アメフト部、チア部と、パワハラ問題の連鎖が続いている日大ですがこれまでに、水泳部にパワハラ問題は浮上していません。

 

池江璃花子さんが2020東京オリンピックで金メダルを獲得できるよう、もうパワハラ問題はなしのままにして欲しいですね。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!