【イッテQ】スペイン『カタフンバ』の意味は?宮川大輔が人間の塔祭り案内人が連呼して面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日テレ『世界の果てまでイッテQ』のお祭り男・宮川大輔さんがスペイン人間の塔祭りで耳にした『カタフンバ』がとても話題になっています。

 

カタフンバの意味を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




人間の塔から落ちると『カタフンバ!』


毎週日曜日に放送されている人気番組『世界の果てまでイッテQ』。

 

特に人気のコーナーといえば、お祭り男・宮川大輔さんが登場する「世界で一番盛り上がる祭りは何祭り?」のコーナーではないでしょうか。

 

2018年9月23日の放送回では、スペインで行われている『人間の塔祭り』に挑戦しました。

 

この祭りは220年も前から行われており、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統のお祭りだということです。

 

男性が土台を作り、その上に体重の軽い女性が2〜3人でさらに足場を形成し、頂上付近は子供が立ちポーズを決めるという、日本の運動会などで行われている組体操のスケールを大きくしたような祭りです。

 

 

当然ながらアクシデントが起こると、特に頂上付近の人たちは落下するわけですが、宮川大輔さんもその点について、スペインのお祭り案内人の男性に聞いたところ、帰ってきた返事は、

 

カタフンバ!」

 

と聞いたこともない返事でした。

 

この男性が何度聞いてもカタフンバで返すところは見ていてとても面白かったのですが、カタフンバの意味が気になります。

 

スポンサーリンク




『カタフンバ』の意味は?

 

番組内では宮川大輔さんが、

 

「ギャフン!」みたいな意味

 

と予想していたようですが、特に意味については解説はありませんでした。

 

 

 

実はこのカタフンバは、実際にはカタクンバと発音しているようです。

 

宮川大輔さんには「カタフンバ」と聞こえていたのでしょう。

 

catacumba(カタクンバ) =   お墓

※またはカタコンベの発音することもあるようです。

 

お墓という意味で、つまり、落ちてしまうとあの世行きだぞということを伝えていたということになります。

 

相手の一言を、とても面白くしてしまう宮川大輔さんの話術にも感心しますね。

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ふぉるさばるさ より:

    スペインカタルーニャ州在住者です。地下墓地のCatacumbaは全くの誤りです。PatapumとかPatapumbaが正しく、スペイン語とカタルーニャ語が混じった表現の擬音を表す言葉です。ガシャーンとかをドカーンが翻訳としては正しいですかね。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!