【JR鶯谷駅近く】乳児が遺棄されていたコインロッカーの場所はスマイル隣?40代女性が4〜5年前から代金200円払い続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京都台東区のJR鶯谷駅近くコインロッカーから袋に包まれた乳児が発見されました。

 

乳児を遺棄した犯人顔画像と、コインロッカーの場所を確認します。

 

 

スポンサーリンク




コインロッカーから乳児遺体


東京都台東区のJR鶯谷駅近くの雑居ビルのコインロッカーから、袋に包まれた乳児とみられる遺体が発見されました。

 

自首してきた女性によると、4〜5年前に遺棄したことを言っており、乳児の身元を警察が調べています。

 

 

24日午前11時ごろ、自称住所不定の40代の女が「4、5年前に赤ちゃんを産み、コインロッカーに入れた」と警視庁尾久署に自首した。供述に基づき、警察官が同日夕、JR鶯谷駅(東京都台東区)近くの雑居ビルに隣接したコインロッカーの中から乳児の遺体を見つけた。同庁は女から死体遺棄容疑で事情を聴いている。

乳児の遺体は鍵のかかったロッカーの中からポリ袋に包まれた状態で見つかった。腐敗が進んでおり死因、性別は不明。女は「コインロッカーの代金を払い続けていた」と話しているという。同庁は乳児が死亡した経緯などを調べている。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

後述しますが、屋外のコインロッカーだったためか、利用者が少なかったのか、腐敗臭に気づかれなかったようです。

 

 

 

乳児を遺棄した犯人の顔画像は?

 

ニュース速報時点では、自首してきた女性は逮捕されていません。

 

乳児の身元がとれ、容疑が固まり次第の逮捕になるのではないでしょうか。

 

この女性は40代の女性ということで、現段階では名前や顔画像などは公開されていません。

 

この女性の供述が本当だとすると、2013年前後に出産し、生まれて間もない乳児をこのコインロッカーにいきしたものと思われます。

 

乳児を遺棄した原因や乳児が死亡した原因は明らかではありません

 

  • 出産直後に乳児が病死した
  • 望まない出産・ネグレクトであった
  • 経済的な苦労があった

 

など、考え出せば理由は原因はいくらでもありそうですが、コインロッカー代金を払い続けていたということで、発覚を免れようとしていたことは間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク




コインロッカーの場所はスマイル前?

 

乳児が遺棄されていたコインロッカーは、東京都台東区根岸のJR鶯谷駅近くのコインロッカーとされています。

 

 

ツイッター上では、警察が複数人で調べている様子が投稿されています。

 

 

 

これらのツイートから、ドラッグストアスマイル隣のコインロッカーに遺棄されていた可能性が高そうです。


 

詳しい料金体系はわかりませんが、200円の料金をずっと払い続けていたことになります。

 

今回自首した理由は、隠し続けることに疲れてきたのか、罪の重さに耐えられなくなったのか。

 

幼い命がこのような形で失われ放置されていたことには胸が痛みます。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!