【文春砲】日大水泳部悪質リンチの3年生の顔画像は?インカレ選手名前一覧。池江璃花子の入部大丈夫?上野監督公表せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日大水泳部で、下級生(2年生A君)に対する悪質リンチ暴行)があったことに文春砲が放たれました。

リンチをした、3年生顔画像名前上野広治監督ら、学校の対応を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




今度は日大水泳部で悪質リンチ

 

日大アメフト部の悪質タックル問題に始まり、理事長らのパワハラ、チア部監督のパワハラと、納まることを知らない、日大に関するトラブル。

 

今度は、日大水泳部での暴行悪質リンチ)が明るみになり、文春砲が放たれた形です。

 

日本大学水泳部で、3年生部員による悪質リンチが起きていたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。9月6日、インカレ開催を翌日に控えた横浜国際プールで事件は起きた。被害者は、2年生のA君(20)だった。

水泳部関係者が明かす。

「その日、A君は部員の荷物番を任されていたんです。前日に寝つきが悪く朝方まで起きていたため、A君はつい居眠りをしてしまった。全体ミーティングでもそのことを注意されたのですが、その後、A君は誰もみていない場所で、3年生から殴る蹴るの暴行を受けたのです」

無抵抗のままボコボコにされたA君は全治2週間の怪我を負った。

A君の兄が怒りを込めて語る。

「死ぬかと思ったと、本人は話していました。左腕と胸のあたりには大きなアザがあり、肋骨は折れていなかったものの、当初は息をするのもつらかったと漏らしていた。暴行がばれない様に、顔はほとんど殴られなかったというのですから悪質極まりない。実は、昨年も弟は同じ部員から馬乗りになって殴られるなどの暴行を受けていた。何より許せなかったのは、日大が一連の暴行事件を隠蔽しているように思えたからです」

日大水泳部の監督を務めるのは、日本水泳連盟の副会長の上野広治氏(59)。これまで競泳日本代表のヘッドコーチや、連盟の競泳委員長を歴任した連盟幹部だ。

今年1月、上野監督は別の暴行問題に直面したばかりだった。

「競泳平泳ぎの小関也朱篤(26)が昨年末に代表合宿で後輩選手に暴行を働いたのです。それを受け、連盟副会長の上野氏は日本代表となった選手、指導者に提出を求めていた誓約書の内容を厳格化するなど再発防止策を表明しました」(スポーツ紙記者)

9月25日、上野監督は「週刊文春」の取材に、次のように答えた。

「事実関係を確認している段階であり、隠蔽しているつもりはありません。公表は考えていません。大学がどうするかは知りませんが」

日大は大学水泳界の名門で、東京五輪でメダルが期待される池江璃花子選手の進学が確実視されている。

9月27日(木)発売の「週刊文春」では、リンチ事件の詳細、A君の兄のインタビュー、田中英寿理事長体制で不祥事が相次ぐ日大の対応の全容を報じている。

<引用元:週刊文春>

 

日大、そして日大水泳部といえば、つい先日明るい話題もありました。

日本水泳界のエースで、先のアジア大会で6冠という偉業を成し遂げた、池江璃花子さんが日大への進学(入学)を発表したのです。

 

当サイトでも、その際に水泳部のパワハラや環境について紹介をしています。

 

>>【競泳】池江璃花子が入学願書を日大へ提出した理由。水泳部の上野監督・コーチやパワハラは大丈夫?

 

こんなにも短い期間で悪い話題が出てしまったのが、良かったのか、悪かったのか。

 

池江璃花子さんも入学先の大学を、もう一度考え直す可能性もありそうです。

 

悪質リンチをした3年生の顔画像や名前は?

 

文春の記事では、2年生に対し、「9月6日、インカレ開催を翌日に控えた横浜国際プール」での出来事としており、

 

リンチを行った3年生が誰なのかまでは明らかにされていません。

 

インカレは通称で、正しくは『第94回 日本学生選手権水泳競技大会』といいます。

学生水泳大会の仲でも非常に大きな大会のひとつで、出場する選手はどの選手も気合が入っているものと思います。

 

横浜国際プールで9月6日~9日まで開催されていました(ただし6日は公式練習日)


公式ホームページで学校別のランキングを確認すると、日大水泳部は男女ともに6位であると公表されています。

 

学校対抗得点結果PDF

 

また、この大会に参加していた日大水泳部の選手らの名前も確認することができます。

 

参加選手一覧(団体別)

 

この試料の23~24ページに日大の選手名が記載されています。

大学名の横のかっこの数字は学年であると思われます。

 

この中で3年生の名前は一通り確認できそうです。

 

暴行をした3年生が、この中の出場選手ではない可能性も否定はできませんが、2年生に荷物番をさせるくらいですから出場を控えた選手であると考えるのが自然でしょう。

 

 

スポンサーリンク




上野広治監督と学校は隠蔽している?

 

文春砲では、リンチを受けた2年生A君の兄が、隠蔽しているように感じたことを掲載しています。

 

たしかに、大会開催日とはいえ、そのような事実があったとしたら、事情が事情だけに直前で辞退や棄権という手段もあったはずです。

 

上野広治監督は、

 

「事実関係を確認している段階であり、隠蔽しているつもりはありません。公表は考えていません。大学がどうするかは知りませんが」

 

と、隠蔽は否定、しかも学校の姿勢についてはわれ関せずといった、いいとこ取りのコメントに終始しているようにも感じます。

 

 

A君が暴行を受けたことが真実だとして、事実確認に時間がかかっているのなら、ばれないような隠蔽の暴行をしている3年生は悪質ですし、この事実を上野広治監督が把握しているのなら、監督として学校の体質が再び問題視されてもおかしくはありません。

 

ただ、田中理事長は、悪質タックル問題においても今なお、記者会見等は開いていませんので、この日大水泳部の暴行(リンチ)問題についても、何も行動とらないであろうと思われます。

 

田中理事長に解決は期待できないとなると、上野広治監督はオリンピックや世界選手権でも責任ある立場の方ですので、毅然とした態度でこの暴行問題には取り組んで欲しいと思います。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!