【謝罪】吉澤ひとみが保釈保証金300万円納付したのは夫?運転禁じる仮停止処分で自宅に引きこもるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

飲酒運転のうえ、ひき逃げ事故で逮捕されていた、元モー娘の吉澤ひとみさんが保釈保証金300万円を納付保釈されました。

 

保釈保証金を納付したのは夫なのか誰なのか、今後の予定や活動について確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




吉澤ひとみが保釈される

 

元モーニング娘リーダー、9月6日に飲酒運転ひき逃げ事故を起こして逮捕されていた吉澤ひとみ被告が保釈されました。

逮捕以来、21日ぶりの保釈ということで、マスコミも多く詰め掛ける中、姿を現しています。

 

6日に東京都内で酒気帯び運転をしてひき逃げし、2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で逮捕、起訴されてた「モーニング娘。」の元メンバーでタレントの吉澤ひとみ被告(33)が27日、勾留されていた警視庁原宿署から保釈された。

吉澤被告は午後5時半ごろに原宿署の職員通用口から姿を現した。約3週間ぶりとなる。真っ白のシャツを着用し、報道陣に向かって7秒ほど頭を下げた。何か口にした。謝罪の言葉と思われる。

吉澤被告は保釈保証金300万円を納付した。

起訴状によると、吉澤被告は、東京都中野区で今月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、赤信号を無視して法定速度の60キロを約20キロ超える時速86キロで交差点に進入。自転車に乗っていた女性をはねてけがを負わせたほか、女性が接触した男性にもけがをさせて走り去ったとしている。地検は認否を明らかにしていない。

捜査関係者によると、吉澤被告は事故の約15分後に自ら110番し、現場に戻った。呼気検査で基準値の約4倍に当たるアルコールが検出された。吉澤被告は、前夜に自宅で缶チューハイ3缶や焼酎のソーダ割2杯を飲んだと供述している。

<引用元:デイリー>

 

吉澤ひとみ容疑者が保釈された原宿署はこちらです。

 

保釈されたのはこの裏口です。

保釈されたときの様子。

 

 

詰め掛けたマスコミに7秒間ほど頭を下げた後、一瞬言葉を詰まらせたようにも見えましたが、

 

「この度は、誠に申し訳ございませんでした」

 

と謝罪しています。

 

酒井法子さんのときもそうでしたが、絶大な人気を持っていたアイドルでも、被告や容疑者となると、アイドルではなくそのように見えてきます。

ひき逃げした際のドライブレコーダーの映像は衝撃的で、しばらくはこのイメージが離れないのではないかと思います。

>>【映像】吉澤ひとみ容疑者が飲酒運転ひき逃げした場所と飲んでいた店(場所)は?同乗者は?長男2歳の誕生日を祝ったばかり

 

 

 

保釈保証金300万円を納付したのは夫?誰?

今回、吉澤ひとみ被告は、保釈にさいし、保釈保証金300万円を納付しています。

 

この保釈保証金とは、

 

身柄を釈放する代わりに、公判への出頭等を確保するために、預けさせる金銭のこと

<引用元:wikipedia>

 

とされています。

 

大きな事件になればなるほど、保釈金の額は大きくなるといわれており、億を超える金額が必要となることもあるようです。

 

保釈保証金は、保釈の請求を行った人が支払うことが多いようです。(別の人が払うこともできます)

納付の場所は裁判所の出納課で、原則として現金納付とされています(特別に裁判所の許可が有った場合は有価証券などで代替可能)

 

では、この保釈請求をしたのは誰なのか気になります。

 

多くの報道では、「吉澤ひとみ被告側」が請求、とされています。

 

側となると、家族、特に夫も該当しそうに感じます。

夫は、IT会社経営をしていますので、保釈金を納付することは比較的容易であるのではと思われます。

 

しかし今回の保釈請求は弁護士が行ったようですが、保証金の準備は夫がしています。

裁判所への納付は弁護士が行ったのでしょう。

 

夫は母親が自殺未遂をしましたので、保釈金は準備したものの夫の本心が吉澤ひとみさん側にあるのか、母親側にあるのかは不明です。

>>【自殺未遂】吉澤ひとみ容疑者の義母が追い詰められた週刊誌取材は?週刊文春?夫とは離婚の可能性も

 

 

スポンサーリンク




吉澤ひとみの今後と活動は?

 

吉澤ひとみ被告は保釈されたとはいえ、起訴されていますので今後の予定や芸能活動がどうなるのかも気になります。

 

関係者によれば、長期間の拘留により、

 

「心身に疲れがみられ、病院で診察を受ける見込み」

 

としていますので、近々病院受診をする予定のようです。

 

芸能活動については今後事務所との話し合いがもたれますが、東京地検が26日に道路交通法違反と自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の罪で起訴していますので、当面は全ての活動は自粛は必至です。

 

また、運転免許の効力を一時停止する仮処分を執行する方針とも報じられていますので、運転もできないということになります。

 

マスコミの目もありますので、自宅内での生活が続くものと思われます。

 

保釈で、一旦一区切りとも思えますが、自宅に帰れば、家族や親戚などの辛い対面も待っています。

 

吉澤ひとみ被告には安堵の時間はしばらくは無さそうな気がします。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!