【2018】台風25号(コンレイ)発生し進路予想がヤバい!24号追随で連休に九州・西日本豪雨被災地再接近する?(2018.9.29)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グアム島近海台風25号コンレイ)が発生しました。

今後の進路予想と、九州西日本豪雨被災地への上陸を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




台風25号発生!


勢力の強い台風24号が、9月30日に日本列島に上陸の予想ですが、グアム島近海で、台風25号が発生しました。

 

ウェザーニュースの最新の情報では、まだ、発生したばかりで今後の見通しは立っていませんが、台風24号を追随する進路予想となっています。

 

 

マリアナ諸島近海を進んでいた熱帯低気圧が発達し、29日(土)15時にグアム島近海で台風25号になりました。9月の台風発生は4個目となります。

▼台風25号 29日(土) 15時現在 存在地域   マリアナ諸島 大きさ階級  // 強さ階級   // 移動     西北西 35 km/h 中心気圧   1000 hPa 最大風速   18 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 25 m/s

台風25号は太平洋高気圧の縁を回るように西へ進みます。24号と同じように海面水温の高いエリアを進みながら発達しそうです。10月1日(月)には暴風域を伴い、10月2日(火)には強い勢力となって、中心付近の最大風速は35m/sに達します。太平洋高気圧の西への張り出しはそれほど強くないため、フィリピンや台湾に達する前に、24号と同じように北上する可能性があります。24号が去った後は、こちらの動向に注目です。

複数のシミュレーションモデルの計算結果を比べると、台湾から中国大陸に向かうモデルから九州に向かって北上するモデルとばらつきがあり、正確な進路は予想しづらい状況です。同じ機関のモデルでも、最新の計算が更新されるたびに、情報が大きく変わることもあります。予報は期間が近づくにつれて精度が上がりますので、今後も最新の情報に十分注意するようにしてください。

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風25号のコンレイ(Kong-rey)は、カンボジアが提案した名称で、伝説の少女の名前です。

<引用元:ウェザーニュース>

 

 

 

進路予想は?

各天気情報サイトでは、10月2日頃に強い勢力になるとされています。

 

また、台湾方向へ向かう前に北上すると言う予想もありますので、台湾や韓国へ向かわず、沖縄や九州方面へ進行方向が変わる可能性が高いです。

 

画像の進路予想では九州へまっすぐ向かっている進路予想も確認できます。

 

台風の速度にもよりますが、また週末の連休に台風が重なりそうな気もします。

スポンサーリンク




九州や西日本豪雨被災地への接近は?

 

上記進路予想でも九州へ向かってくる可能性が高いことがわかります。

 

それ以上の進路予想は立っていませんが、台風24号を追随するという情報から、やはり高気圧の縁をたどる進路になる可能性は十分にあります。

 

ちなみに24号の進路はこちらです

 


 

 

したがって、九州や中・四国、特に西日本豪雨被災地も2週連続の台風に十分な警戒と注意が必要です。

 

情報はこまめに確認し、台風の勢力や大きさから、早めの避難準備も心がけましょう。

 

 

10/1 追記

 

 


 

 
10月6日までの進路予想では大きく日本へ向きを変える様子はなさそうです。
 

 
予報円の中心線を通過すれば7日から8日くらいに九州へ最接近しそうです。
 

 
6日に行われるイベント等には影響無さそうな可能性が高まりました。
 

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!