【快挙】本庶佑(ほんじょたすく)ノーベル賞医学・生理学賞の賞金がヤバい!使い道は寄付か研究費用?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都大学特別教授の本庶佑さん(ほんじょたすく)が、ノーベル賞医学・生理学賞を受賞するというおめでたいニュースが飛び込んで来ました。

 

ノーベル賞で獲得できる賞金の額とその使い道を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




本庶佑(ほんじょたすく)さんがノーベル医学・生理学賞受賞


 

日本人としては2年ぶりのノーベル賞受賞というビッグニュースが飛び込んで来ました。

 

受賞したのは京都大・特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さんです。

 

免疫抑制タンパク質の発見、そしてがん免疫治療薬「オプジーボ」開発に繋げたことが評価されての受賞ということです。

 

スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学・生理学賞を、免疫を抑制するタンパク質を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏(76)ら2氏に授与すると発表した。免疫を抑える働きを阻害することでがんを治療する画期的な免疫療法を確立し、がん治療に新たな道を開いた功績が評価された。

他の受賞者は米テキサス州立大のジェームズ・アリソン博士。

日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで計24人。昨年のカズオ・イシグロ氏ら外国籍を含め計27人となった。医学・生理学賞は大隅良典氏に続き計5人。

現在の抗がん剤は、がん細胞を直接攻撃するタイプの薬が大半を占める。これに対し本庶氏は、がん細胞が人の免疫力から逃れて生き延びる仕組みを阻止し、免疫細胞の攻撃力を高めて治療する全く新しいメカニズムの薬を開発した。

このタイプの薬は「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれ、一部のがんに劇的な効果が確認されており、がん治療を一変させる新薬として近年、世界的に注目を集めている。

本庶氏は平成4(1992)年、免疫を担う細胞の表面にある「PD-1」というタンパク質を見つけたと発表。マウスを使った実験で、がん細胞への免疫を抑えるブレーキ役として働いていることを突き止めた。

このタンパク質に対する抗体をマウスに投与したところ、ブレーキが外れたことで免疫が強まり、がんの増殖が抑えられることを確認。小野薬品工業(大阪)が臨床試験を行い、26年にオプジーボを発売した。既に世界60カ国以上で承認されている。

国が承認した治療対象は当初、皮膚がんの悪性黒色腫だったが、その後に肺がんや胃がんなどに拡大。他の多くの種類のがんでも臨床試験が国内外で行われており、将来はがんの標準的な治療法の一つとして普及が期待されている。

アリソン博士は別のブレーキ役のタンパク質を抑えてがんを治療する手法を1996年に発表し、世界初の免疫チェックポイント阻害薬を開発した。ただ、オプジーボの方が効果や安全性は優れるとされる。

<引用元:産経ニュース>


 

お顔を拝見すると、おじいちゃん、という言葉も当てはまりそうな印象ですが、それと同時に頭がきれそうな印象も感じられます。

 

 

本庶佑さんは、京都府出身で、医師の父の影響からか、自身も医師を目指し、1960年に京都大学医学部へ入学し、1966年に卒業しています。

 

妻は滋子さん、息子と娘の2人の子供がいらっしゃいます。

 

昔のスナップ写真ですが、仲良し家族といった雰囲気が感じられます。

 

家族写真

 

 

現在の滋子さんの画像はこちらです。

 

 

現在の滋子さん

 

 

今回の受賞について滋子さんは、

 

「驚きです。主人と電話でしか話していないんですけど、賞が決まったと言われました。今日発表という話をしておりましたので、現実になってうれしい」

 

と、喜びを隠せないでいるようです。

 

研究者の方々が、研究に没頭できる環境作りというのは妻にしかできません。

他の人からはどう見られているかはわからなくとも、妻の支えで本庶佑さんが研究に打ち込めていたことは間違い無いのではないでしょうか。

 

 

ノーベル医学・生理学賞受賞の賞金の金額は?

 

下世話な話になりますが、世界を代表するような大きな名誉。

 

ノーベル賞で獲得できる金額が気になります。

 

産経新聞では、その賞金の金額について、

 

授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が贈られる

 

としています。

 

ノーベル賞ともなると、1億円を超えるのは驚きでもあり、納得もできます。

 

 

もちろん、本庶佑さんはノーベル賞や賞金のために研究していたわけではありませんが、人々の健康のために行って来た研究の評価の一つの形だと言えます。

 

スポンサーリンク




賞金の使い道は?

 

12月にストックホルムで授賞式が行われ、賞金もいただくことになります。

 

この賞金は、全額本庶佑さんの元ではなく、共同受賞者は米テキサス大のジェームズ・アリソン教授と賞金900万スウェーデン・クローナ(約1億1500万円)は等分することになっているようです。

 

ただ、授賞式の参加や交通費、衣装の調達など様々にお金がかかることは事実です。

 

っして、名誉ある研究者の方々は、きまって、このような賞金の多くを寄付や、さらなる研究、協力してくれた方々へ当てることが多いような気がします。

 

自身の私利私欲に使うことはほとんどなく、また、そういう物欲のないところが研究に熱心に取り組めるポイントなのかもしれませんね。

 

一番近くで支えた、滋子さんや子供にも何か感謝の形を示してくれても素敵だと思います。

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!