【急死】茅ヶ崎市・服部信明市長の死因は脳出血。生活習慣病があった?経歴や家族(妻・子供)はいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎市長服部信明市長が、公務中に倒れ死去した(亡くなった)ことが明らかになりました。

 

服部信明市長の死因と、経歴家族子供)について確認します。

 

 

スポンサーリンク




服部信明茅ヶ崎市長が公務中に倒れ死去

 

神奈川県茅ヶ崎市の現職市長の、服部信明市長が10月3日の公務中に倒れ、その後亡くなっていたことが明らかになりました。

 

突然の死去で、茅ヶ崎市民のみならず、驚きと不安が広がっています。

 

神奈川県茅ヶ崎市の現職の市長が公務中に突然倒れ、亡くなっていたことがわかりました。57歳でした。 

 茅ヶ崎市の発表によりますと、3日夜、服部信明市長が公務中に突然倒れ、市内の病院に搬送されましたが、その後、亡くなったということです。 

 服部市長は、茅ヶ崎市出身で、神奈川県議会議員などを務めたあと、2003年から茅ヶ崎市長に就任していました。

<引用元:TBSニュース>

 

 

服部信明市長は当時、市内の公務先にいて、そこで倒れたということです。

 

茅ヶ崎市によると市内で開かれたロータリークラブの例会で講演した後、質疑応答中の午後7時半ごろ、その場にしゃがみ込んだようです。

出席前から体調不良があった可能性はありそうです。立場上、そして性格上欠席しにくかったのでしょうか。

 

 

服部信明市長の死因は?

服部信明市長が倒れた原因、そして、死因は、脳出血だと、されています。

 

 

詳細な健康上の理由については他には明かされていません。

しかし、年齢的、そして仕事のストレスなどを考慮すると、食生活の不規則や生活習慣病などの存在ももしかしたらあったのかもしれません。

特に糖尿病や高血圧が、脳出血のリスクを高めると言われていますので、忙しさから、自身の健康管理がおろそかになっていた可能性は否定できません。

 

市によれば、高血圧の投薬治療をしていたという情報もありますので、管理が不十分だった可能性はありそうです。

 

いずれにしても若すぎる死去に言葉もありません。

 

スポンサーリンク




経歴や家族(妻・子供)は?

服部信明市長は、昭和36年生まれの53歳。

 

神奈川県議会議員や茅ヶ崎市議会議員を経て、現在茅ヶ崎市長4期目でした。

2003年に市長当選し、現在まで15年間市長としてやってこれたのは、市民からの厚い信頼があってのことかと思います。

 

 

無所属としてこれまで活動してきましたが、1999年には神奈川県地方自治功労者表彰を受けています。

まさに、地元のために尽力してきた方と言えるでしょう。

 

 

家族は妻と3人の子供の5人家族のようです。

 

公式ホームページには自宅住所まで明かされており、神奈川県茅ヶ崎市赤羽根310番地4とされています。

 

 

グーグルストリートビューではこちらの家が検索されます。


家族の画像や名前などは明かされていません。

市長の年齢を考慮すると、子供ももしかしたら成人して、大きいお子さんの可能性もありそうです。

 

家族にとっては夫や父親が市長というのは誇らしかったのではないでしょうか。

服部信明市長のご冥福をお祈りします。

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. オサム より:

    私より2歳若い方で、同じ大学の出身ですが、私よりはるかに社会的責任の

    重い方が亡くなられたことを 残念に思います。 ご家族の皆様にお悔やみ

    申し上げます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!