【訃報】元横綱・輪島大士死去。死因や家族(妻・子供)の画像は?とんねるずの生ダラ『マグロ!』で人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大相撲元横綱輪島こと、輪島大士さんが、死去したという悲しい訃報が入ってきました。

 

輪島大士さんの死因や、家族子供)、とんねるずとの『マグロ!』の掛け合いも確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




元横綱・輪島大士さん死去

 

元横綱で、タレントやプロレスラーとしても活躍した、輪島大士さんが死去していたことが明らかになりました。

現役時代を知らない世代でも、とんねるずとの共演で知っている方も多いのではないでしょうか。

大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。70歳。石川県出身。

輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。

1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、第54代横綱に。初土俵からわずか3年半のスピード出世だった。横綱時代は故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築いた。

輪島氏は81年春場所で引退。花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。その後はプロレスラーに転身。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況に。15年11月20日、北の湖前理事長が多臓器不全で62歳で死去した翌日には、発声不可能のため、文書でコメントを寄せ「俺はもう少し頑張る。(理事長には)よく頑張ったね、お疲れさまと言いたい」と弔いの言葉を贈っていた。

<引用元:スポニチ>

 

輪島大士さんは、3年余りで横綱に上り詰めるなど、文字通りスピード昇進を果たした伝説の横綱です。

現役引退後は上記記事の通り、部屋を継承するものの、短期間で相撲界を離れることになります。

むしろ、その後のプロレスラー時代やタレント時代の方が生き生きとしていた印象も強く残っています。

 

プロレスラー時代は、ジャイアント馬場さん率いる全日本プロレスに入団し、巨体を生かしたスタイルで人気でしたが、相撲出身レスラーにありがちな、スピードの遅さから、なかなかトップ戦線に食い込めずに引退しています。

天龍源一郎選手との試合では、同じ角界出身として、厳しい攻めを受けた試合がファンの間では語り継がれています。

輪島大士さんの死因は?

輪島大士さんの死因は現在までに明らかにされていません。

死去した詳細な日時も明かされておらず、今後、関係者から記者会見や発表がある可能性もあります。

2013年に咽頭がんの手術を受けていますので、その後、がんの再発や転移があった可能性も否定できません。

また、あの大きな体でしたので、心臓も負担がかかっている可能性があり、心疾患の可能性も十分にあるでしょう。

いずれにしても詳しい死因の発表が待たれます。

スポンサーリンク




輪島大士さんの家族(妻・子供)やとんねるずのコメントは?

 

輪島大士さんは現役時代に結婚をしており、その妻の名前は輪島五月(旧姓・中島)さんという方です。

画像は残っていませんが、五月さんは1982年に自殺未遂をしています。

原因は明らかではありませんが、諸説あり、輪島大士さんが、勝ち星をお金で買おうとしていた(いわゆる八百長)ことに呆れていた説や、貴乃花親方の母親である藤田紀子さんとの浮気説、などが五月さんを追い詰めたのではないかと言われています。

幸い命は取り止めていますが、その後離婚されています。

その後、テレビ界で活躍していた中、日テレの『とんねるずの生ダラ』のお見合い企画で知り合った女性と結婚したと言われています。

とんねるずの生ダラでは、とんねるずの2人からは

ワジー

 

と呼ばれたり、好きな寿司ネタは?と振られ、

マグロ!

 

と、豪快にユーモアを振りまく姿も人気でした。これまでにとんねるずの2人からはコメントは出ていません。

現在の妻と結婚し、輪島大士さんが51歳の時に授かった子供が、甲子園でも話題になった、輪島大地さんです。

天理高校野球部で、父親譲りの187cmの高身長で、甲子園にも出場しました。

輪島大士さんは現役時代、黄金の左が強い力士でしたが、大地さんも子供の頃は投げ飛ばされていたようです。

昔ながらの頑固オヤジだったのでしょう。

そんな恐い存在であった父親が弱っていく姿は大地さんにどう映っていたのでしょうか。

戦う舞台は違えど、父親・輪島大士さんの意思を受け継いでいってほしいですね。

輪島大士さんのご冥福をお祈りします。

 

【追記】

とんねるずの2人が、輪島大士さんの訃報に触れコメントを発表しました。

 

「相撲を見て来て1番大好きな横綱だったので、ただただ残念です。4年前、定岡(正二)さんと3人で食事したのが最後でした。今まで一緒に遊んで頂きありがとうございました。心よりお悔やみを申し上げます」(石橋)

 

「日本の大横綱にもかかわらずバラエティー番組で何年かご一緒させていただきました。私たちタレントにもテレビスタッフにもどんな人にもとにかく優しい輪島さん。いろいろなことを教わりました。ありがとうございました。心よりお悔やみ申し上げます」(木梨)

 

生ダラを懐かしむファンも多く、定岡正二さんも含めると、当時が昨日のように思い出されます。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!